最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/03/03 (Sun) 20:14
独自のプログラムによる理論学習

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


昨日も「養成講座」の「クラス1:カウンセリング概論」の授業を行いました。

受講者のNさん、この授業は苦手分野のようで、
一生懸命に「カウンセリング概論」に取り組んでいました。


「養成講座」の「カウンセリング概論」の学習法は
他ではない大変ユニークな学習法です。

おそらく理論学習をこうした形で行うところは
他にはないと思います。

カウンセリング学習を8年近く続けてきたNさんも、
「このような授業は初めてです」とのことでした。


この「クラス1」の授業法によって、明らかになること。

それは受講された方の「聞き方」「コミュニケーション」
「思考」の傾向やクセなどです。


そしてさらに、この授業を受けることによって、
これらのクセが修正され、改善され、「聞き方」も
「コミュニケーション」も「思考」もレベルアップされます。

今回、Nさん自身も自分のクセに気づき、
授業で粘り強く課題に取り組むことによって、
そのクセを克服するきっかけを掴みました。


ポイントになったのは「わからないところにしがみつく」
「想像力を働かせる」「自分の言葉におきかえる」等です。

これらも、「養成講座」独自のプログラムによって導き出されたものです。


マンツーマンによる徹底指導によって、
短期間にこうしたポイントを導き出すに至ります。

短期間というのは、4時間の授業を3回、合計12時間です。

つまり12時間授業を受けるだけで、
そこまでの変化を実感できるということです。


「養成講座」で独自のプログラムを消化していくことによって、
「聞き方」「コミュニケーション」「思考法」などの
それぞれの能力が着実にレベルアップしていきます。


追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2013/02/08 (Fri) 07:48
「養成講座」体験談:カラーセラピスト編

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


今日も「養成講座」の受講者の体験談をご紹介します。

先日から受講を再開され熱心に学ばれている
アロマセラピストの遠藤ひろこさんです。

今回はカウンセリング学習を通して
スキルアップだけでなく、「自己を見つめ直す」時間にもなり、
大きな気づきを得たそうです。


そんなホットな感想をどうぞ。


---------------------------------
今日は雪の予報ですね

この辺り、今は降ったりやんだりでまだ積もっていなくてほっとしています。

お出かけの方、お気をつけて



カウンセラー養成塾の鈴木雅幸先生 のカウンセリング学習。昨日のケース研修では

自分がいつも身近に感じていることが、テーマの一つにありました。



なので・・自分のこころが動いたり、勝手に自分の想いが沸いてきたりしていました。

その揺れをそのまま質問として確認すると、「ここですよね」と

板書で書かれた基本の文章と、その大切さをお話しくださる。

また検討を見直して質問する・・



そこで・・、自分がどうして揺れるのか、捉え方の違いが「あっ、そうか」

となった瞬間があったのです。



それは、とてもシンプル。



実は学習の中で、先生から何度も何度も、それはも~~何度もお話しいただいていた

基本中の基本の事なのですが、

頭で何度も聴いていて理解していても、

心が「あっ、こういう事なのねっっ」と動いて

初めてその事が「わかる」、しっかりと、ふに落ちる瞬間があるのだと思いました。



先生はもちろん、今更?と突っ込むことはなく、

にっこりしつつ、淡々と進めてくださいました。

いやぁ~お恥ずかしいですが、ちいさなちいさな一歩を進めた気がしています



そこから、今まで??と感じていた人間関係のクセのようなものも

同じスタンスで考えると「あ~~~ここだったのね」となりました。



カウンセリングの学習の深さと楽しさをまた見つけました。



鈴木先生 ありがとうございました。



それを意識しながら帰ってからのアドバンス4枚セルフ。



今まで私の中では、苦手課題または

出来てないけど憧れるに意識が行ったときによく選んでいた

ブルー、シルバー(グレー)

今回とても捉え方が変わって出ていました

こちらでも、少しだけ、でも確実に一歩前に進んだ感覚です



サポートカラーはシルバー。選んだ言葉は慎重でした。

人と向き合う時、どこに意識を向けるのか

安易に反応するのではなく”本当に言いたいこと”に意識を向けて聞く慎重さを

いつも大切にしていく☆



意識付けの言葉は “心はひとつ”



他の方には意味が??かも知れませんが

今の私にとって、とてもしっくりくる言葉になりました。



アドバンスカラーのセルフセッションは

自分が感じている事を、改めて目で見て変化を感じたり

確認していくのにも、とても良いツールだなぁと

こちらは再確認できました

アドバンスカラーセラピーに いつも感謝です

---------------------------------

カラーセラピストでもある遠藤さんは、
カラーを通してご自分の変化を再確認されたようです。

いえいえ大きいんですよ、小さな一歩は(笑)


ということで、これからも「淡々と」授業を進めさせて頂きます(^^;



追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2012/04/24 (Tue) 08:33
ケース研究がスタート


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


今日は臨床カウンセラー養成塾の
「養成講座」があります。

今回からクラス3「ケース研究」がスタートです。

これは実際のケースをじっくりと検討するもの。


実際のケースを研究すると、傾聴や共感はもちろん
ケースのアセスメント(見立て)についても学べます。

また、一人の人間が立ち直っていくプロセスから
困難の克服法、前向きな生き方、人間心理、
そして人生や生き方についても学習できます。


養成講座を受講すると、
塾生の皆さんが着実に変化していきます。

人とのコミュニケーションが良くなったり、
その物腰、態度も変わります。

おそらく人生観も変わっていくでしょう。


私はそんな塾生の皆さんの変化を見るのが
最近とても楽しくなってきています。

追伸:

5月の「体験講座」は
「傾聴ロールプレイ演習」です。

間もなく受付をスタートします。


「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2012/04/04 (Wed) 07:30
理論学習と実践学習の比率


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「理論学習と実践学習の比率」



カウンセリングを行う場合には、
主に次の学習が必要になります。


1)理論

2)実技

3)ケース研究(ケーススタディー)

4)自己分析



このうち理論学習の比率は、
全体の5%程度になります。


実際に養成塾では

2)実技⇒40%

3)ケース研究(ケーススタディー)⇒30%

4)自己分析⇒25%



といった比率になろうかと思います。


ただ、この比率どおりに講座があるわけではなく、
それぞれの講座にいろいろな要素が求められます。


追伸:

4月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

これは「実技」「自己分析」の体験学習でもあり、
「ケーススタディー」の要素も入ります。

>>詳細はこちら





「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック








2012/01/07 (Sat) 21:50
この一途に学ぶ姿勢は


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


昨日、1月6日から「養成塾」はスタートしています。

といっても「体験講座」ではなく、
「養成コース」です。


最近思うのですが、
この「養成コース」という名前を
新しい名前にしようかな・・と考えています。


現在の養成コースの塾生は
本当に熱心にカウンセリングを学ばれています。

世の中に数ある「カウンセラー資格」


そういった資格には興味がなく、
純粋にカウンセリングを学びたい。

セラピーだけでなく、日常生活や
自分自身の人間的な成長に役立てたい。


塾生のそういう「一途な学習姿勢」にふれ、
「養成コース」というのは、ちょっと違うかな?

と感じている自分がいます。


「傾聴ってなに?」

「共感的理解とは?」

「自己一致ってどういうこと?」

「人間関係の機微とは・・・」



こうした繊細で緻密な学習を
丁寧に進めていくことで、学習を深めて頂いています。



「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック




追伸:

来年1月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

カウンセラーとして適切な言葉がけを
その一言一句に至るまで学びます。

>>詳細はこちら









| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。