FC2ブログ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/02 (Thu) 09:05
前を向けて歩いていける


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「前を向けて歩いていける。そう感じました」



そう書いてくれたのは、D・Sさん(20代男性)。

先日28日に都内で開催したエンカウンターの感想。
彼はこのエンカウンターには何度か参加しています。

自分自身の課題に真剣に取り組み続けている若者。
他の参加者も、彼の姿勢に胸を打たれていました。


彼の魂のこもった、学びのコメントはこちら。

-------------------------
今日はお話させて頂き、ありがとうございました。
主観で話すのは大変でしたが、
これでいいんだなって思えました。

言葉を選ぶのはうんと大変でしたが、
こうやって話していけばいいと思いました。

話すこと・・・まだまだ沢山あると思いましたが、
道筋が見えてきて良かったです。

辛いことは辛いですが、
前を向けて歩いていける。
そう感じました。

辛くてもなんでも、
僕は幸せになりたいです。
今日はありがとうございました。

-------------------------

頭の中だけでまとめて書いたものではなく、
経験を通して実感したことを
自分の言葉で丁寧に書いてくれました。


そして・・・・


このコメントには、続きがあります。
おそらく上記を書き終わって、
また自分の思いが出てきたのでしょう。

振り返りシートの別のスペースに
こう書き足してくれました。

-------------------------
お風呂に入ってゆっくり振り返ったり、
主観を大事にして生きていこうと思いました。

これからはD・S(名前)として
生きていけると思いました。

今までずっと悩んできましたが・・・
自分なりの意見や考えが持てそうで、
少し先が明るいです!

重ねて、ありがとうございました。

-------------------------

彼もまた、次回も参加したいということです。

私は彼に何も教えようとはしていません。
彼だけなく、参加者には何も。

でも、彼は学び取っています。
着実に何かを得ているのです。

全身で学び取るを実践した20代前半の若者。

その彼の言葉の端々にには、
生きた表現がちりばめられているようです。











2010/12/01 (Wed) 21:58
パワーを頂きました


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「今回のような形式は初めてでした」


こう書いて下さったのは、K・Tさん(40代女性)
先日のエンカウンターに参加してのコメントです。

以下に全文をご紹介します。

------------------------
今日はありがとうございました。
私は今までコミュニケーションのセミナーや
自己開発のセミナー等、いくつか参加しましたが
今回のような形式は初めてでした。

初めはどうなるかと思いましたが・・・

時間が経つにつれ、皆さんの
自分と向き合う真摯な姿勢から
たくさんのパワーを頂きました。

又、改めて自分を振り返ることもできました。
気づきもありました。

こうした日常の生活を離れた自分のための時間が
やはり私にとっては必要なんだと再確認できました。
(=エネルギーチャージ)

皆さんからたくさんエネルギーを頂き、
明日からまた元気に
日常生活に戻ることができそうです。

ありがとうございました。
------------------------

K・Sさんは、また機会があれば
エンカウンターに参加したいそうです。


私が行うエンカウンターは、
構成的エンカウンターではありません。

非構成、ベーシックエンカウンターです。

つまり、カール・R・ロジャーズが取り組んだ
グループエンカウンターをそのまま実施しています。

ロジャーズは、その著書でも、こう書いてます。

ワークなどを取り入れたものは、
その場は盛り上がるが、後に何も残らない。

参加者の参加後の追跡調査でも確認できている。

ロジャーズはそう書いています。

そしてそれは私も実証済みです。

私のエンカウンター参加者の何人かから、
こんなコメントを耳にしたのです。


「鈴木先生のエンカウンターは後から効いてくる。

参加後、数日してから、自分の内面が
ジワッと変わっていることに気づく。」



そうなんです。
大切なのは、その深さなんですね。

確かな臨床力をつけて、自信を深めましょう。
本物の傾聴力を磨き、面接の不安を解消しましょう。


【臨床カウンセラー養成塾】

●12月体験勉強会

日時:12月14日14:00~17:00
場所:サロン・ド・ソノリ
(小田急線成城学園前駅徒歩1分)
受講料:5000円
定員:5名(残席2名)

スーパーバイザー:鈴木雅幸


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「体験勉強会申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。
















2010/12/01 (Wed) 09:30
【感想】西森郁代さん


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「まさかあんなに気づきや振り返りが起きる
セミナーになるなんて、思いもよりませんでした。

何かを教えてもらうセミナーではないのに、
どうしてあんなに教えてもらえるのでしょうか。

とても満足のあるセミナーでした。」



こう言って下さったのは、
売れっ子コーチングのコーチ西森郁代さん

28日のグループエンカウンターについての感想です。

「教えてもらってないのに教えてもらえる」

いい感想ですね(^^)

以下にワークショップ終了後に
ご記入頂いた感想をアップします。

---------------------------
話の"確認"と、それを"~で合ってますか?"と聞くことで、
相手が「この人は自分のことを受け止めてくれるんだという
承認が得られるんだということがわかり、
また、そうすることで、相手が自分で気づいて
いくんだということがよくわかった。

"ない"ものに焦点があたっている人に、
"ある"ところを見た方がいいと言ってもしょうがない。

自分で話していくうちに気づいていくものだと思うが、
そのためにも上手に確認ができるようになる
必要があるなと思った。

どうしても先を急ぎたくなって、次どうしたいのか?と
(自分は)迫ってしまうことが多い。
でも、早くやるよりも、今しっかりやること、待てることで、
本人がわかってから、本人の意志で次どうしたらいいのか?を
決められるようになってもらえるようにしていきたい。
---------------------------

この感想を読ませていただくと、
新たな気づきを得た躍動感を感じますね。

人が深い気づきや学びを得た瞬間というのは、
このような新鮮な驚きを伴うものです。


そして日にちが経つにつれ、
この気づきはやがてまとまってくるでしょう。

エンカウンターの醍醐味を、
しっかりと経験して頂けたようでよかったです。









2010/11/30 (Tue) 09:34
【感想】グループエンカウンター

カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


28日(日)に開催した臨床カウンセラー養成塾の
公開講座であるグループエンカウンター。

参加者の感想をご紹介します。
先ずはこの方。

-----------------------
本日のセミナーで、改めて自分自身の相手への強制力、
そして自分自身の志命との相反する
+と-の側面を思い知りました。

相手をサポートすることと強制する事の違い。
相手の話を聞くこと、聞く姿勢の重要度がわかりました。

これからはやはり、治療家に対しては、コンサルではなく
サポート・チーム・仲間という横のつながりと強化していく
セミナー・勉強会を開催していきたいと思います。

-----------------------

成城鍼灸院ボディバランス研究所 草野健郎様


草野先生はご自身のブログで、
さらにこんな風に感想を書かれています。


他の参加者の感想も随時掲載していきます。






| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。