最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/01 (Tue) 20:26
カウンセリング学習の王道は?

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



【逐語記録という王道】


養成塾では、時折り塾生さんの逐語をチェックします。

自主的に逐語を持って来られるわけです。

実際のカウンセリング面接の逐語や、
ロールプレイを実施した際の逐語ですね。


私はカウンセリングの力、即ち傾聴や共感の能力を磨くには
この逐語などの記録を検討する以外に方法はないと断言しています。

いつもは断言することの少ない私ですが(笑)
この結論だけは譲れないところです。

なぜなら、人間の記憶というのは、とても曖昧だからです。


ロールプレイを例にとってみます。


ロールプレイ開始後、3分30秒あたりのやり取り。

ここには重大な問題が見て取れる。

ここはAではなくBと対応すべきだった。

理由は○○だからだ。


いかがでしょうか?

このようなプロセスを、人間の記憶では正確にさかのぼることができません。

しかし、録音記録を聴き返せば、
その一言半句に至るまで検討が可能になります。


逐語を起こした人たちの最初の感想。

その感想はほぼ、みな同じようなものになります。

どんな感想になるかというと「聴いていられない」というもの(笑)


つまり、自分の応答があまりにひどく(不適切で)、
その録音記録を聴いていられないということです。

この感想からもわかるように、自分では
「まあまあのロールプレイだった」という認識だったのでしょう。

しかし、実際に聴き返してみると、自分の認識と
実際の記録(言ったこと)のギャップに、ほとんどの人が驚くわけです。

そのくらい人間の記憶には限界があり、
記録を頼りにしなければ正確な検討はできないのです。


「逐語起こし」という作業は、初めは自分の未熟さを
嫌というほど突きつけられるようなものなのです。

しかし、ここを通らないと、次のステップにはいけません。

逆にいうと、ここさえ通れば、先が拓けてくるのです。


塾生の中で何人かが、逐語の検討を希望します。

その作業を続けている塾生は、確実に聞く力を高めています。

本人は「まだまだだ・・」という思いしかありません。

といいますか、逐語検討作業を続けていると、
「まだまだだ」としか思えなくなるんです。

しかし、本人は「まだまだ」という感覚でも、
私から見れば、以前より確かなステップアップを始めています。


私も、その人の逐語記録を少しみれば、
その人の聞き方や理解の仕方の傾向・クセがわかります。

「この時、こういう心境になってない?」

「ここは、もしかしたらこう聞いてしまっていない?」


こういう指摘をすると、ほぼ当たってしまいます。


逐語お越しは大変面倒です。

そのため、本気になってやる人はとても少ないのが現状です。

しかし、上達に近道はありません。

地道な努力の先にしか、確かな向上はないようです。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










スポンサーサイト

<< カウンセリングの終わり方は? | ホーム | 自己洞察を生むカウンセリングとは? >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。