最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/01/09 (Thu) 12:25
相手の胸に響く言葉を選ぶカウンセリング

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



昨日は養成塾の第39回オープンセミナーを実施しました。

内容は「カウンセリングと教育」ということで、
「いじめ問題の理解と対応」というテーマでした。


このいじめの問題は社会の様々な歪みなどの問題の縮図です。

教育の歪み、集団心理の歪み、人間関係の歪み、心の歪み・・・・

それは信頼関係が失われたことによって生じる問題です。


信頼関係の崩壊した集団には、もはや秩序もなく、
人を思いやる心も働かなくなってしまいます。

つまりは、失われた信頼関係を取り戻すこと。

これがいじめ問題の解決への中心的な第一歩となります。


カウンセリングというのはある意味、信頼関係を築く術だともいえます。

来談されたクライエントと、短時間で信頼関係を築く。

そして、やり取りを交わす度に、その関係を深めていく。

そのためのあり方と方法を備えているのが、カウンセリングなのです。


カウンセリングで大きな要素となるのは「言葉」です。

クライエントの言葉をどう聞き、どう理解するのか。

そしてカウンセラーはクライエントにどんな言葉で応えていくのか。

まさに言葉を介しての意思の疎通によって、信頼関係が築かれていきます。


しかし、言葉だけが躍るやり取りであっては、
本当の(深い)信頼関係が築かれることはありません。

互いの心の奥深くに、互いの言葉が染み込んでいく。

そういう交流を通して、はじめて信頼関係が築かれていくと思いませんか?


ですから、クライエントの言葉だけ拾ってオウム返しするのではありません。

カウンセラーはできるだけ自分の言葉で応えていく必要があります。

それも心の籠った、クライエントの心に響く言葉でです。


さあ、それはいったい、どんな言葉の選び方になるのでしょう?


養成塾の塾生も、こうした言葉の選び方も学習しています。

手っ取り早く習得できるものではありませんが、
様は選ぶポイントというものを習得することですね。

そのポイントさえ取得できれば、徐々にレベルアップが可能となります。





追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

<< カウンセラーの言葉の重要性 | ホーム | 傾聴トレーニングで反射神経を磨く >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。