最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/12/03 (Tue) 20:20
カウンセリングを通して人生を知る

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「ガチャガチャするのが人生と知る」


数年前、私のカウンセリングの師匠のカウンセリング講座で、
こんな一幕がありました。

講座の受講者の中に40代後半の男性がいました。

彼は講座の中で、自分のある状況について打ち明けました。


彼の話から察するに、家庭の問題や仕事の問題が同時に発生していて、
中々思うようにそれらが解決できずに悩んでいるようでした。

そして、最後に「ガチャガチャしていて、落ち着きません」と言いました。


その言葉を聞いて少し間があってから師は、
やや諭すような感じで、そして語り掛けるような口調で、こう言いました。


「ガチャガチャするのが人生なんですよ」


その受講者は師の言葉を聞き、「そういうもんですか?」
と訊き返していました。

師は首を大きくしっかりと縦に振りながら
「そういうもんですよ」と応えていました。


私はそのやり取りを聞きながら、
今まで出会ったクライエントのことを思い出していました。

また、クライエントだけではなく、私の知人や友人、
そして自分自身の人生をも振り返っていました。

そして師の「ガチャガチャするのが人生だ」という言葉の響きを
自分の心の中で、何度も反芻していたのを思い出します。


人生を生きていれば、いろいろなことに遭遇します。

時には理不尽なことだったり、自分が全く予期せぬことだったり・・・


それでも私たちは生きていかねばなりません。

そういうガチャガチャした状況の中を生き、
いろいろな問題を抱えながらも、自分の足で歩いていく。

時には誰かの力を借りながら、再び自分の足で歩いていく。

ある意味、それができることが「大人」といえるかもしれません。


悩み事や心配事などなく、快適な人生。

そんな人生があればいいですが、残念ながらそれは「幻想」です。

誰もがその人その人の悩み事、心配事を抱えています。


それでも、顔をあげて、前に向かってしっかりと歩く。

時には右にそれたり、左にそれたりしながら、また真っ直ぐ歩く。

膝をついてしまう時はあっても、再び立ち上がって歩いていく。


こうしたことの一つ一つに、その人の人生があるといってもいいでしょう。


カウンセラーとしてカウンセリングをさせて頂くのであれば、
こうしたクライエントの人生、その一つ一つを心から尊重する。

そして、出来る限り一緒になって、
そのガチャガチャしている人生を歩かせて頂く。

一緒になって右に左に揺れ、
一緒になってしゃがみ込み、再び立ち上がって歩く。


カウンセラーである私たちは、
人生はその繰り返しであるということを、深く心に刻む。

そういう姿勢でカウンセリングに臨みたいものです。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック







スポンサーサイト

<< 患者・人の心にふれるということ | ホーム | カウンセリング面接で大事な目的とは >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。