最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/06/28 (Fri) 18:06
会話術レベルアップセミナー実施

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



26日(水)は、「かんきビジネス道場」の講師を務めました。

かんき出版社主催の企業研修です。


内容は臨床カウンセラー養成塾の講座とほぼ同じもの。

それを企業研修用にアレンジし、丸一日かけて取り組むものです。


受講生は全員一部上場企業のビジネスマン&ウーマン。

「応答演習問題」や「傾聴トレーニング」になると、
実に熱心に皆さん取り組んでおられました。


今回、驚くべきことに、「応答演習」でグループが導き出した回答が、
養成塾の受講者よりも優れていたこと。

適切な応答を簡潔に、クライエントに響くように作成。

その回答を見て私は「・・・やはりな・・」と思いました。


やはりな・・の意味は、次の2つです。


1)適切な応答を導き出せる感受性は、健康な人なら誰もが持っている。

人と心を通わせる感受性や人間性は、何もプロのカウンセラーでなくても、
基本的には誰もが持っているものなのです。

ただ、持ってはいても、それが発揮できないだけの話。

少しヒントを示し、真剣に取り組めば、導き出せてしまいます。


2)余計な知識・経験がない方が導き出しやすい

心理学の理論勉強のし過ぎでガチガチになった頭より、
素朴な感覚を豊かに働かせる一般の方の方が、
適切な応答にたどり着きやすいのかもしれないということです。


これら両者の仮説を前々から持っていた私としては、
今回の研修でそのことを確認することができたと思っています。




追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

<< カウンセリング面接の二つの軸 | ホーム | アドバイスはしてはいけないの? >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。