最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013/04/09 (Tue) 09:39
セラピーの方法よりセラピストの人間性

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



セラピーを考える上で、とても重要なことがあります。

それは「何をするかではなく、どうあるか」ということ。

どんなセラピーをするかよりも、誰がセラピーをするかということ。


これはセラピーの内容ではなく、そのセラピストの人間性や、
どんな姿勢でセラピーに臨むかの方が重要だということです。


実際カウンセリングをしていて思うのは、
どんな心理療法をやったとしても、それが不適切になされれば、
成果には結びつかないということ。

つまり、ロジャーズの方法の賛否よりも、
ロジャーズ流を実践する、その実践者の「腕」とか、
クライエントに接する時の「心構え」が成果を左右する。

具体的にいうと、クライエントに内在する回復力を
どこまでも信頼してセラピーを実践できるかということです。


そしてそうした信頼感が強ければ強いほど、
また確かであれば確かであるほど、成果につながります。

ケースによっては、困難を極めるものもあります。

それでも私たちセラピストは、この「信頼感」に賭けるしかありません。


つい助言や励ましなどをしたくなるのは、この信頼感が弱いからです。


「この人は言ってあげないと、自分ではわからない・・・」

「私がこの人に、一言いって、気づかせないとならない・・・」

こうした思いが出てくるのは、クライエントに対する
信頼感が揺らぐ瞬間からということです。

沈黙に耐えられないセラピストも同様です。


こうした「力」を獲得するためには、
自分のセッションを徹底的に検証するのが最も確かな方法。

ここに専心できればできるほど、セラピーは成果に向かい始めます。





追伸:

養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

<< 7割のリピーターが生まれる授業 | ホーム | セラピストの「軸」について >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。