最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/22 (Fri) 18:34
鈴木の起業物語その9「師匠との出逢い【前篇】」

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。



師匠である吉田哲先生に出会ったのは、
2005年の2月のことでした。

ある先輩カウンセラーから
その存在を教えて頂いたのです。


吉田先生の著書を読んだとき、
私は大変な衝撃を覚えました。

こんなことが書ける人がいるのか。

こんなことを書ける人は、
日本には他にいないだろう・・・・


事実、有名な臨床家や心理学者の本を
いろいろ読んだ私ですが、
師匠の本はその域を完全に超えていました。


衝撃と共に、嬉しさがこみ上げてもきました。


私は先ず、自分がカウンセリングを受けようと、
吉田先生のカウンセリングを予約することにしました。


世の中には、自分がカウンセリングを受けたこともなく、
カウンセラー業をしている人もいます。

はっきりいって、それはちょっとバランスを欠いています。


私は「クライエント経験」は重要だと認識していたし、
自分自身の精神チェックも必要だと考えていました。

そこで、最も尊敬する人のカウンセリングを受け、
自分自身をチェックしようと思ったわけです。



当日




吉田先生が面接室に入ってきました。

何とも表現のしようのない迫力と安定感を兼ね備え、
正面のソファーにゆったりと座られました。

何ともいえない静かな力を感じるのですが、
いわゆる「無」の境地も感じました。


いったいこのオーラ、雰囲気、姿勢は
どれほどの研鑽を積んだら出てくるのか?

心の中で「・・・すごい」と唸りました(笑)


「だいぶ(カウンセリングの)勉強をされたんですか?」

吉田先生の第一声は、今でも忘れません。


私は先生に、思いのたけをぶつけました。


自分はカウンセラーとしてやっていく。

そのために準備をしてきた。

家族も養ってがんばりたい。


一通り話を聞いて下さったあと、
吉田先生はゆっくりとこう言いました。


「カウンセリングで食っていけている人間など、
特に東京にはほとんどいない。

見通しが甘いんじゃないだろうか」



(^^;(^^;(^^;(^^;


予想通りの返しがきました。


しかし、


私は全くひるまずに、話をつづけました。


続く

「起業物語」を最初から読む


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

<< 面接態度とカウンセリング | ホーム | カウンセリングは接触技術 >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。