最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/24 (Thu) 21:23
鈴木の起業物語その8「リハビリは裏切らない」

●「養成塾」のメルマガ配信中!カウンセリングマインドや技術を公開中。
>>登録はここをクリック



塾長の鈴木です。


「リハビリは裏切らない」


腰の痛みに堪えながらも、
私はPCに向かって出来ることをしていました。

インターネットによるマーケティングでは、
日本よりもアメリカが常にリードしていました。

2004年当時からアメリカで言われていたのは、
「リストを獲得せよ」ということでした。


何のリストかというと、メルマガの購読リストのこと。

事実、メルマガで役立つ情報を送り続け、
信頼を得られた後、その読者から通信講座や
メールカウンセリングを申し込んで頂けました。

私はその時から今日まで8年近く、
ずっとメルマガを書き続けています。


さて、腰の調子は良くならなかったのですが、
ある方の紹介で、非常に腕の良い
治療院の先生と出逢えました。

その先生の所には、今も定期的に通い、
全身のメンテナンスをして頂いています。


その先生の治療とリハビリメニューを続け、
腰の状態はゆっくりと良くなっていきます。

そう、リハビリメニューとストレッチメニューを
2年間ひたすら、毎日欠かさず続けたのです。


その時に思いました。


「リハビリは裏切らない」


そして年が明けて2005年。

その頃には、私は30分~1時間のウォーキングが
できるまでに回復していました。

腰が少しでも良くなればという一念で、
町内を日々、黙々と歩いたものでした。

そのお陰で、歩くということは
精神の健康には、非常に良いということを知りました。


また、ある時、近所の人がうちの嫁にこう言ったそうです。

「鈴木さんはすごい。職を失い、身体を壊し、
そんな大変な状況なのに、淡々とリハビリをしている。」


私にしてみれば、すごいことでも何でもなく、
家族の生活があったので、それは当たり前の事でした。


そして、2005年の2月、
私は生涯尊敬してやまぬ存在となる
心理臨床家に出会うこととなるのです。

そう、私の師となるカウンセラーです。


私はその先生の門を叩くために、
自らその先生のカウンセリングを申し込んだのでした。


続く
「起業物語」を最初から読む


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

<< 「体験講座」のご案内 | ホーム | 講座(授業)についての記事 >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。