最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/19 (Sat) 10:19
講座(授業)についての記事

こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「養成塾の授業ってどうよ?」


養成塾を立ち上げて、1年半が経ちました。

何かを振り返るには、少し短い時間かもしれません。

しかし、この短期間に、実に様々な方々が、
塾の講座を受講し、塾生となられました。


しかし、そんな皆さんですが、
私はそこに、ある共通なものを感じます。


それは、この養成塾に来られるにあたって、
自分の深いところからの欲求に動かされてきた。

心の声に突き動かされるかのように、
半ば「直感的」に受講を決めた。

そんな風におっしゃる方がほとんどだということです。


「数あるカウンセリングの講座の中から、
なぜ、養成塾を選ばれたのですか?」ニコニコ



私は時折、受講者にこのような質問をします。

すると、だいたい次のような答えを頂戴します。


「ブログの言葉に"力"を感じたからです」

「"ここしかない"という直感で決めました」



つまり、このブログを読んだときに、
その言葉から「何か」を感じたというのです。

そしてそこに「確かなもの」あるいは、
「直感的に感じる力」を感じたというのです。


養成塾の受講者は9割が女性。

上記の言葉も女性独特の感性を感じます。


実は私も、このブログを書く時には、
いくつか意識していることがあります。

それは、自分が経験を通して実感し、
なおかつ「これは確かだ」と確認できたこと。

それだけを選んで言葉に(記事に)していこうというもの。


ですから、受講生や塾生から頂く言葉は、
その思いや姿勢がまさに伝わっている。

ブログという媒体を通して
読者に響いているということになります。


ブログからもそれだけ伝わるということは、
講座で私が皆さんの前に立つだけで、
いったいどれほどの事が伝わっているか。

そう考えると、一言半句に至るまで、
自分の言葉や姿勢に一貫したものをもつ。

そういう意識はより必要になるなと気づかされます。


ある意味、そうやって私は皆さんに鍛えられ、
皆さんは講座から身を以って何かを学ぶ。

そうした相互体験学習の場になっているわけです。


養成塾の授業は不思議な授業です。


盛り上がりはない。高揚感も得られない(笑)

けれども、静かな喜び、新鮮な気づきは得られ、
そこに深い味わいすら覚える。


どこかのコーヒーのCMのコピーみたいですねコーヒー

まあ、そんな講座にそんな仲間が集う。

なかなか面白い塾だと思います。


追伸:

5月の「体験講座」は「傾聴トレーニング(ロールプレイ)」です。

静かで真剣、けれども独特?
そんな仲間の集う体験学習の場です。

>>詳細はこちら


「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック





スポンサーサイト

<< 鈴木の起業物語その8「リハビリは裏切らない」 | ホーム | 鈴木の起業物語その7「起業は決意したものの」 >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。