最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/08 (Sun) 09:24
金八先生と腐ったみかん


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


先日夕方に「金八先生シリーズ」が再放送されてました。

いわゆる「腐ったみかん」のお話。


そこで、金八先生は、こんな熱弁をふるいます。


「我々教師が生徒を信じなかったら、
いったい誰が彼らを守ってやれるんですか。」

「我々はミカンを作っているんじゃないんです。
我々は人間をつくっているんです」



これは当時、大変な反響がありました。

当時は「校内暴力」「非行」の嵐が吹き荒れ、
学校はとても荒れていました。

今はそのような荒れ方ではなく、
「学級崩壊」「いじめ」という形に変化しています。


しかし、様々な学校のケースにふれてきた経験から、
このような問題の解決に一番必要なことはなにか?

「非行」「校内暴力」であっても、
「学級崩壊」「いじめ」であっても同じ。

そこには共通する一つの要素がありました。


それは、大人たちが「本気」で、
あるいは「不退転の決意」で臨むこと。

並々ならぬ覚悟であたること。


こうした大人の覚悟は
確実に子どもたちに伝わっていきます。

そこからこうした問題の解決の糸口が
生まれていることがわかりました。


本気で、そして捨て身でぶつかる大人がいる。

そんな大人に子どもが信頼を寄せる。

そこで生まれた信頼関係が、事を動かしていく。


こんな構図が見えていましたね。


つまり「何をするか」も大切ですが、
それを「どんな気持ちでするか」はもっと大切。

カウンセリングでも面接技術が生きるかどうかは
そのカウンセラーの「姿勢」にかかっています。


追伸:

4月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

カウンセリング学習のおもしろさ、醍醐味を
実際に体感して頂けることと思います。

>>詳細はこちら





「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック







スポンサーサイト

<< 希薄な人間関係が深まる? | ホーム | これはおもしろい >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。