最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/04/03 (Tue) 21:30
カウンセリングは人間交流


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「カウンセリングは人間交流」


セラピーやカウンセリング、いわゆる心理面接では
心理学の知識だけを知っていても役に立ちません。


カウンセリングは、カウンセラーの人間性と
クライエントの人間性がふれあう場です。

カウンセラーはクライエントの言葉や態度を通して
クライエントの人間性にふれていきます。

クライエントもカウンセラーの言葉や態度を通して、
その人間性にふれていきます。


お互いの人間交流を通してクライエントの心が、
飢餓から充実へ、不安から安定へ、
怒りから感謝へと変わります。


そういう時にカウンセラーとして必要なのは
自分自身をよく知っているということです。

人間というものは、自分を知れば知るほど、
他人のこともよくわかるようになっています。

自分の感情の動きを瞬間的に感じられる人は
他人の心の動きも敏感に察します。


カウンセラーがカウンセリングを受けたり、
様々な訓練を積んでいくのも、
そうした過程でより自分自身を知るためです。

より良いカウンセリングを提供できるためにも
より深い人間的な交流を生み出すためにも、
より自分自身を知っていくことが不可欠なんです。


追伸:

4月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

「生きたことば」が相手の心に響く瞬間を
体験学習によって学べます。

>>詳細はこちら





「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック








スポンサーサイト

<< 理論学習と実践学習の比率 | ホーム | 面接は「ことば」で決まる >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。