最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/25 (Sun) 21:00
傾聴のカギはメンタルに?


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「傾聴はメンタルがカギ」


傾聴がしっかりと出来るようになりたい。

養成塾の講座でよく聞く言葉です。


私たちは日常的に、人の話を
「聞く」ということをやっています。

日常的に、当たり前のようにやっていること。

それなのに、しっかりと「聞く」とか、
傾聴することが難しいのはなぜでしょう?


そもそも「できている」と思っていたことが
実は「できていなかった」ということでしょう。

自分は人の話をしっかり聞けると思っていたが
厳密にチェックしてみると、惨憺たる実態だった。

これは養成塾で受講者がよく経験する一コマです。


人の話を聞くというところには、
かなりのメンタルな要素が絡みます。


どういうい意味か?


人の話を聞いていると、その話の内容や
話している相手に対し、様々な感情が湧いてきます。

「それはおかしい」だったり、
「話が長いな」「そんな言い方は」だったり・・

話や話し手に対して、解釈や批評、反発や抵抗、
自分の言いたいことなどが浮かんできます。


そもそも、自分が言いたいことが浮かんでくると、
それをいつ言おうかという感じになります。

つまりその時点で、相手の話はもう聞けていませんね。


このように、聞くということを邪魔する
様々なメンタルな要素があるために、
聞くとか傾聴は難しくなるのです。


逆に言えば、こうしたメンタルな要素に
一つ一つ気がついていくことで、
聞けるようになっていくとも言えますね。

聞くことを邪魔する要素を排し、
聞くの一点に精神を集中できれば、
それこそ「傾聴」が可能になっていくわけです。


追伸:

4月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

精神を一つにする「傾聴」について
体験学習できるまたと無い機会です。

>>詳細はこちら





「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック





スポンサーサイト

<< 面接は「ことば」で決まる | ホーム | 自分自身との新たな出逢い >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。