最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/14 (Wed) 08:59
これが面接成功のポイント


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


「面接を深めるポイントとは?」


カウンセリングを成功させるポイントに、
次のような流れがあります。


ビックリマーク自分以外の話⇒自分の話

面接の最初で相談者は、
自分の置かれた状況やいきさつを話します。

それは重要な情報なので、
カウンセラーはしっかりと聞いていきます。


やがて状況やいきさつを一通り話し終わるのですが、
ポイントはここからです。


状況やいきさつでは、主に相談者は
自分の周辺の話を伝えます。

そこから話がいかに自分自身に移っていくか。

ここがポイントになるんです。


カウンセリングでキーになるのは、
「自分自身を語る」ということです。

他者の話ではなく、周辺の話でもありません。

その時々の自分の「心のありよう」や、
自分の「ものごとの捉え方」について語られる。

この場面で相談者は自分の感情などに気づき
新たな自己理解と共に、建設的に変わっていきます。


カウンセリング面接が深まらないのは、
いつまでも「自己(の内面)」に話がいかないから。

そうした原因も一つにあるんですね。


つまり、カウンセラーは相談者の話が
「周辺から自己」に変わるように聞いていく。

この聞き方をマスターする必要があります。


養成塾ではこうした聞き方を
実際の会話記録も使用し、マスターしていきます。


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック









スポンサーサイト

<< 面接の「いざ」という場面 | ホーム | 言葉の力と可能性 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。