最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/08 (Thu) 20:39
心理と真理


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


ここにまとめて書くのは、
いささか無理があるかもしれませんが・・・

カウンセリングに来られた人が
どうやって問題を解決し、
困難を乗り越えていったか。


次の3つが転換点となります。


1)起きたことをそのまま受け容れる

2)自分自身をそのまま受け容れる

3)ものごとの捉え方を現実に沿ったものにする



「こうなったら嫌だ」「こうなるべきだ」

「自分のこういうところが嫌だ」
「自分はこうあらねばならない」


こうした「思い」「とらわれ」を捨て、
ものごとをそのまま受け止める。


多くの人たちが、こうした変化をたどっていかれます。

私たちはときには、たった一つのことを受け容れるのに
何年、何十年という月日が必要だったりします。

一方で、何十年もこだわっていたことが、
あるほんの一瞬によって手放せたりもします。


カウンセリングを学習するということは、
こうした人間の「心理≒真理」を知ること。

そう言っていいかもしれません。


「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック











スポンサーサイト

<< 励まさずに励ます? | ホーム | 日々を充実させるには? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。