最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/07 (Wed) 07:26
こんな時、どうする?面接での対応法


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「いったいどうすればいいでしょうか?」



カウンセリングの面接で出てくる一言。

ひとしきり自分の状況を話したあと、
クライエントがこのように言うことがあります。

そのとき、カウンセラーがどう対応するか?


実はここがカウンセラーの実力を
問われる場面だといわれています。


「どうすればいいか?」と問われて
「こうすればいい」と答えるのがいいのか。

「私にもわからない」と答えていいのか。

「あなたはどうすればいいと思いますか?」
と聞き返せばいいのか。


それとも、もっと別な対応があるのか。


カウンセリングでは、こうした
具体的な対応を習得することで、
「いざ」という場面に対応していきます。


この場合のヒントは
「答える」ではなく「応える」ことですね。


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック









スポンサーサイト

<< 日々を充実させるには? | ホーム | カウンセリングの終結 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。