最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/04 (Sun) 09:12
心の操作術?それとも・・・


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


心理系の書籍の中には、「心の操作術」とか
「心を読む」といったものがあります。


カウンセリングも「人の心を読む」「分析する」
と思っている人も少なくないでしょう。

しかし、そのような操作的な姿勢で臨んだら、
カウンセリングは失敗してしまいます。


カウンセリングでは「操作」「分析」ではなく、
「相手の理解」に専念します。

私たちは「理解されない」ことで、ひねくれたり、
失望したり、自暴自棄になりがちです。


逆に「理解された」と実感できたとき、
救われる思いがしますし、それが
自分を立て直すきっかけになります。


もし、上司に、先生に、仲間に、大切な人に、
今以上に自分を理解してもらえたら・・・・


だからカウンセラーはクライエントの理解に
集中的な努力をはらおうとするのです。


「・・・ああ、わかってもらえた」


こうした経験は、私たちにとって
大きな力に変わる経験だといえるでしょう。


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック









スポンサーサイト

<< 面白く学ぶのが秘訣 | ホーム | ■人間関係とカウンセリング >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。