最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/03/03 (Sat) 22:57
■人間関係とカウンセリング


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。


カウンセラーがカウンセリングに際し、
大事だとされている基本姿勢があります。

その姿勢とは、いったいどんなものか?


次の3つに集約されているといわれています。


1)自分にウソがないこと(誠実さ)

2)相手に限りない関心をもつこと(信頼)

3)相手の理解にひたすら努めること(共感)



この姿勢を読んで、どう思われますか?

これはカウンセラーやカウンセリングに限らず
一般の人間関係にそのまま当てはまりませんか?


ひたすら誠実に接し、ひたすら信頼し、
ひたすら理解に努める。

こういう姿勢で臨めば、人間関係も変わるはずです。


つまり、カウンセラーがカウンセリングに臨むように
日常の人間関係やコミュニケーションに臨む。

そうすると、人間関係の暖かさ、深さも
ずいぶんと違ったものになるといえそうです。


追伸:

「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック












スポンサーサイト

<< 心の操作術?それとも・・・ | ホーム | 3月体験講座中止のお知らせ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。