最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/02 (Thu) 18:21
「あいづち」と聞き手の実力


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「あいづちで聞き手の実力がわかる」



この仕事(カウンセラー)をやっていると、
ちょっとしたことでいろいろ見えることがあります。


例えば「あいづち」の打ち方。

このあいづちの打ち方だけで、
その聞き手の実力がわかってしまいます。


多くのセラピストが活動しています。

しかし、自分がカウンセリングを受ける。
面接自体の細かい検証を積み重ねる。

こうした地道で大事な訓練を
できるだけしっかり受けましょう。


訓練を積み、現場経験を積み上げれば
「あいづち」一つでいろいろなものが
わかるようになったりします。

その人の「たった一言」から
様々な内面が推察できたりします。


緻密で確かな訓練を積んだ者と、
自己流で浅い勉強だけをした者。

この両者の違いは雲泥の差となってしまいます。


訓練を楽しむ気持ちの大きさがあると
何事も面白くなり、継続できるでしょうね。


「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック












スポンサーサイト

<< 聞く技術に資質は必要か? | ホーム | 「体験講座」参加者の声 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。