最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/08 (Sat) 08:34
うつ病の最新事情2009年8月記

うつ病とうつ状態とは違いますが、最近はそのあたりの説明をしても患者さんにはあまり理解されないことも多いのか、ひとくくりに「うつですね」とドクターが伝えるケースが増えているそうです。

ですから今は「うつ」といってもかなり広範囲に捉えられている側面があります。

私のところにカウンセリングに来てくださる方の中にも、ご本人は「うつ病と医者に言われました」と仰るのですが、実際には「うつですね」「うつ状態ですね」「抑うつ状態ですね」というやや漠然とした伝えられ方をしてても、本人は「ああ、うつ病なんだ」と了解しているケースである可能性もあるわけです。

ですから「うつ」と一言でいっても、その状態はかなり広範囲に捉えらなければならない場合もあるといえます。

また、うつ病の場合でも、治るうつ病と治らないうつ病があるということが、最近の精神科医療の現場では問題になっていて、その両者の見極めや治療法、特に治らないうつ病についてどう捉えていくかが議論されているようです。

最近は脳科学の進歩がマスメディアで取り上げられたり、関連書籍も売れているようですが、一方でまだまだ不確かな部分も残されているのも現状といえそうです。

うつに関する相談・個別カウンセリングはこちら

様々な悩みや問題解決、自信をつける方法について読むことのできるプロのカウンセラーの公式PCサイトはこちらで、公式ケータイサイトはこちらです。

(テクノラティータグ)
      
 
スポンサーサイト

<< 一番大切なものとは? | ホーム | トレーニング・ランニングを習慣化? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。