最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/12/13 (Tue) 12:41
傾聴って何?誤解されている傾聴と本当の傾聴の違い


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し下さり、ありがとうございます。


「傾聴ってなに?」


ただ黙って聞いているのが傾聴だと
誤解をしている人が多いようです。

養成塾の講座でも「傾聴とは?」という問いに、
しっかりと答えられる人がいないのです。


傾聴というのは、相手の訴えを正確に聞き、
その正確に聞いたところで、その理解を言葉にする。

つまり、聞いて理解したことを的確な言葉に出来て、
初めて「傾聴できている」といえるのです。


そしてその対応は、決してオウム返しではない。

機械的なオウム返しなどではなく、
深い理解と実感の伴った「生きた言葉」。

そんな「生きた言葉」で対応できてこそ、
はじめて「傾聴できている」といえるんですね。


つまり傾聴の訓練は、こうした対応の訓練。

相手の話を正確に聞き、しっかり理解し、
それを的確な言葉にできるための
訓練ということになります。


もちろん「どういう言葉にできるのか?」まで
しっかりと検討するからこそ、
傾聴の力が養っていけるわけです。


追伸:

来年1月の「体験講座」は
「グループカウンセリング」です。

傾聴や適切な対応を
実践的な訓練によってマスターします。

>>詳細はこちら










スポンサーサイト

<< 「養成塾」の授業の進め方 | ホーム | ロジャーズは古い?限界? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。