最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/28 (Sun) 19:02
カウンセリングの真価

「私は、個人が感動を経験するのは、すぐれた美術工芸品を鑑賞した場合と、大自然の懐に抱かれた場合と、人と濃密な相互交流関係を経験した場であろうと思っています。そしてこの三つの経験のうち、最も多くの人が感動を起こすのは、人と相互交流関係を経験した場合であろうと考えています。」

~カウンセリングと人間尊重(遠藤勉 著)より抜粋~

カウンセリングの中でクライエントは自分が今までにない発見を得たり、周囲の人たちに支えられてきたことに気づいたりすることによって、ある種の感動を経験します。

自分が今まで気づかずにいたことに目を開かれるという経験は、ある意味、新鮮な驚きと喜びの感情を伴うものであり、そうした発見の瞬間と経験はその人にとっては感動的経験になるのです。

そしてそうした経験の過程においてカウンセラーが共に立ち会うという事実にもまた、クライエントはある種の感慨を覚えるようです。

このような感動経験こそが、人に新たな健康的な力を発動させる動機を生み出すとともに、人間信頼の芽を育み、自己信頼の道へと邁進できる土壌を生み出すといえると考えられます。

私はカウンセラーとして、クライエントのこのような感動経験を契機とした人間的な成長の場に共に立ち会えることを静かな喜びと感じています。

そしてまた、そのように自己信頼と人間的な成長に向かって力強く動き出していったクライエントの方々に、心からの称賛と畏敬の念を覚えずにはいられないというのが、今の正直な気持ちであるといいたいと思います。

面談カウンセリングについて

様々な悩みや問題解決、自信をつける方法について読むことのできるプロのカウンセラーの公式PCサイトはこちらで、公式ケータイサイトはこちらです。

(テクノラティータグ)
      
 
スポンサーサイト

<< トレーニング・ランニングを習慣化? | ホーム | 悩み相談、解決のためにカウンセリングは何をするのか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。