最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/06 (Thu) 21:10
面接に必須の3つのポイント


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し下さり、ありがとうございます。


「カウンセリングで必須、3つのポイント」



心理カウンセリングの面接において
カウンセラーが心得るべき3つのこと。

この3つは極めて基本的なことにもかかわらず
多くの人たちが十分に実践できていません。

しかし、この3つを押さえておくことは
カウンセリングの進展には不可欠です。


では、その3つのポイントとは?


1)応答は最小限の言葉にする

2)応答のトーンは抑え気味にする

3)応答はゆっくりと発する



これは基本中の基本ですが、
一般的にこの3つを意識しているケースは
実際かなり少ないと思います。


私の知る限りということでいえば、
多くの面接者が次のような感じです。


●応答の言葉が多い(長い)

●応答のトーンが強い(テンションが高い)

●応答のスピードが速い(早い)



ではなぜ、こうした3つのポイントが重要で、
それぞれ気をつけなければならないのか?

これは実際に面接を行う上で
ぜひ知っておかなければならないこと。


詳しくはメルマガにてお伝えします。
発行は下記の日時となります。

8日(土)AM9:00

このメルマガはバックナンバーを公開していません。

読んでみたいという方は、
下記からご購読をお願いします。

>>メルマガ登録はこちら









スポンサーサイト

<< これは「面白いです!」 | ホーム | 「針の穴」と「傾聴」の共通点 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。