最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/10/02 (Sun) 10:31
「針の穴」と「傾聴」の共通点


こんにちは、鈴木です。



「一言半句を聞く」


カウンセリングで「傾聴」という言葉があります。
相手の話に耳を傾けて聴く。

この「傾聴」に必要なのは「集中力」です。


では、いったいどんな「集中力」が必要なのか?


私はよく外国語のリスニングテストの
音声を聞く時のような集中力といいます。


テストでは一語でも聞き洩らしがあったら
問題が解けなくなってしまいます。

前置詞一つ、be動詞一つを聞き漏らしたら
大変ですからね(レベル低い話ですが・・・)


だから、一言一句も聞き漏らすまいという
そういう集中力を必要としますね。


また、私の師匠は「一言半句」と表現しました。
一言半句聞き漏らさずに・・・というのです。


さらに師匠はこうも表現しました。


「針の穴に糸を通すような感覚で聞く」


実際に針の穴に糸を通しているとき、
余計なこと(他の事)は考えられませんよね。

「今日のおかずは何にしよう」とか、
「昨日のあの一言は気に入らない」とか・・・・


こうしたことは糸を通す瞬間には
考えられないはずです。

ただひたすらに、穴に糸を通すことに
全神経を集中させているはずです。


こうした集中力をもって、相手の話を聞く。
それが傾聴だということになります。


次回10月の「体験講座」は、
受講者の要望NO.1の「ロールプレイ実技演習」

もちろん録音&再生による
一言一句、いえ一言半句レベルのスキルアップを目指します。


●10月体験講座「ロールプレイ実技演習」
限定8名(残席4⇒3名)
日時:10月20日(木)14時半~17時半
会場:明治神宮前(原宿)
参加費:5000円(2回目以降3000円)


手紙>>お申し込みはこちら
・件名
「10月体験講座申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)
・ブログお持ちの方は、URL をご記入の上、送信ください。


ブログのメッセージからも受け付けています。








スポンサーサイト

<< 面接に必須の3つのポイント | ホーム | セラピスト向け個別相談スタート >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。