最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/09/18 (Sun) 18:52
カウンセリング学習の醍醐味


こんにちは、鈴木です。



カウンセリングを学習することは、
自分自身を見つめ直す機会になるといいます。

では、なぜカウンセリング学習が
そのような機会になるのでしょうか?


カウンセリングの学習では、
ロールプレイや応答訓練といった
実技演習が盛り込まれます。

また、面接の録音記録や
その逐語記録を使用したりします。


つまり、話し手や聞き手の一言一句を
一つ一つ検証していく学習方法です。

こうすることによって、
話し手と聞き手の内面が見えてくるのです。


どういうことか?


録音記録や逐語記録によって、
話し手、聞き手それぞれの一言一句を検討します。


検討していくことで、それぞれの
内面や心の動き、ものの捉え方、価値観など、
様々な要素が浮き彫りになっていきます。

浮き彫りになった要素こそ、
まさしく"その人そものもの"だといえるんです。


相手の話をどう聞き、どう捉え、
それらにどんな反応(レスポンス)をしたか?

どんなフィルター(価値観・思想・人間性)を通して
そんな聞き方、理解の仕方、反応の仕方を選んだのか?



こういうことが見事に浮き彫りになるわけです。


学習者はここに"面白さ"を見つけます。

なぜなら、己を知るということは楽しいからです。


新たな自己発見に遭遇し、新鮮な驚きがあり、
果ては感動すら覚えることもあるんです。


私たちは己の深い部分にある感情や
心の動きを知ると感動することがあります。


「ああ・・・そうだったのか・・・」


人間はこうした学習に喜びを覚えるようです。

そうした感動の出会いの一つの機会を提供する。
それがカウンセリング学習の醍醐味です。


養成塾「9月体験講座」残席1名です。

もうすぐ募集を締め切りますので、
参加してみようかな?と思う方は、
下記のページでどうぞ↓↓↓

>>詳細はこちら








スポンサーサイト

<< 満員御礼:9月体験講座受付終了 | ホーム | 新・養成コースのご案内 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。