最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/30 (Tue) 17:03
セラピスト個別相談始めます


こんにちは、鈴木です。


セラピストの仕事をしていると、
いろいろなお客様が来られると思います。

その時の「対応の仕方」について、
時にはどうすればいいか困ることはないですか?


・メンタルの問題を抱えた方にどんな言葉がけが良いか?
・ついつい話が長くなって時間を取られてしまう・・
・依存されてこちらまで苦しくならないためには?
・難しいケースの見立て方は?



こうした課題を日々、抱えながら
セラピーを行っていると思います。


養成塾では、東京都内で講座を開いています。
講座の中では、そうした細かいお話もできます。


しかし、東京まで通えないという方も。


遠方で通えない、参加できないけど、
自分のセラピーを向上させたいという方のために
スカイプによる個別指導をスタート致します。


スカイプによるスーパービジョンです。


カウンセラーやセラピストにも、
自分が相談できるスーパーバイザーが必要です。

ケースの捉え方、様々な難しい場面での接し方。
自分自身の方法・あり方の客観的なチェック。


セラピストにも、自分のセラピーを適切に行うために、
また、セラピーの品質向上を目指すために、
相談役の存在が重要になってきます。


対人接触の場面では、いくら知識を入れても
それだけでは十分ではありません。

なぜなら、何を知っているかではなく、
「何を実際にしているか」が重要だからです。


たくさんの知識をもっていても、
クライエントに配慮に欠ける一言を発したら、
それで傷つけてしまうこともあります。


しかし、こうしたことを細かく相談できる人間が
なかなか身近にいないという声も聞きます。

そこで、具体的なアドバイスを含め、
ケース相談などを受け付けることにしました。


スカイプによるスーパービジョンの詳細は、
改めてこのブログでお知らせします。





スポンサーサイト

<< 英語とカウンセリングの関係 | ホーム | カウンセリングと「聞き方」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。