最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/27 (Sat) 09:09
セラピストは枠組みを持とう


こんにちは、鈴木です。



「時間を守ることの意味」



以前ブログでも書きましたが、カウンセリングでは
面接時間を守ることが重要です。

心理的な援助をする際には
「枠組み」を持つことはとても大切。

その重要性について、改めてお伝えします。


カウンセリングでは、面接時間は1時間まで。
面接の期間は一週間空けること。

面接場所は、同じ場所(相談室)に来てもらうこと。
これが基本的な枠組みです。


では、なぜこのような枠組みを設けるのか?


こんな枠組みを設けていたら、
クライエントは怒り出すのではないか?

枠組みにとらわれず、もっともっと長い時間を
クライエントに割いてあげた方が
さらに援助になるのではないか?


もし、あなたがこうした疑問をお持ちなら、
その疑問にお答えする内容をメルマガに書きます。


セラピストの方や誰かの力になりたい方は
ぜひ知っておいて頂きたい内容です。

このメルマガ、バックナンバーはありません。

本日の夜9時発行です。


下記のページで登録すれば、読むことができます。

>>登録はここから








スポンサーサイト

<< カウンセリングと「聞き方」 | ホーム | この方の勉強会はおススメ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。