最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/15 (Mon) 21:00
心に響く授業


こんにちは、鈴木です。



養成塾の講座に来られた方と
いろいろな形でお会いし、お話をお聞きします。

それは、講座の内容に対して
直接ご意見を頂くのが目的です。


お茶をしながら一対一でお話をします。


最近、かなり熱意をもって
「カウンセリングを勉強したい」と言われます。

落ち着いた顔でその話を聞いている私ですが、
内心はとてもとても嬉しく聞いています。


カウンセリングの教え方は
その教える人、学校によって様々です。

お会いした方は、私の授業を気にって頂き、
「ぜひこれからも学びたい!」と仰って下さいます。


私は臨床の現場で面接を重ね、
学校教育現場でも経験を重ねてきました。

その経験的から「確かだ」と実感できたこと。
それのみを授業でお話するようにしています。


講座に参加され、もっと学びたいという方は
その私の"言葉"に得心がいったというのです。

腹にストンと落ちる、心に響く、腑に落ちる。

そういう表現をされる方が多いです。


私は自分を含めて、この養成塾で学んだ方に
人や自分自身を見つめる"眼"を養って頂きたい。

自分が直面した問題を克服する力を養って頂きたい。

そんな想いで授業をしています。


そして、お互い同じ方向を向いた仲間。

学習仲間の存在は、互いにとって、
心強い、励まされる存在になるはずです。



腹に落ちる、心に響く学習。
腑に落ちる授業。


>>詳細はこちら








スポンサーサイト

<< カウンセリングの技術とは? | ホーム | 残席1名「ロールプレイ学習」8月19日開催 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。