最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/11 (Thu) 21:17
カウンセリングの勝負どころ


こんにちは、鈴木です。



「言葉に宿る目に見えない力」



私はカウンセリングの時、
いろいろな想いを言葉にこめます。


クライエントの言葉を、自分が
どんな風に受け止めたか。

クライエントの回復を
心の底から信じる想い。


いろいろなものをこめています。


この「言葉」に何をこめるか。
何がこもっているか。

これによって、カウンセリングの流れは
一瞬にして大きく変わることもしばしばです。


そしてそれ以前に大切なことは、
クライエントの言葉にこもっているもの。

これを我々カウンセラーがどう感じ取るか。


こう考えると、やはり「言葉」なんです。
そしてそこに宿る「心」なんです。

両方が重要なんですね。


言葉だけに反応しても、深まらない。
言葉を疎かにしても、かみ合わない。



言葉と心。


この両者、大切にしてし過ぎることはありませんね。









スポンサーサイト

<< カウンセリング学習の盲点? | ホーム | 参加者の声:エンカウンターグループ8月7日(日)無事終了しました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。