最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/21 (Tue) 10:29
【感想】グループカウンセリング


こんにちは、鈴木です。



「グループカウンセリング終了」



昨日、養成塾の体験学習会を開催しました。

今回は「グループカウンセリング」で、
最初に簡単に説明をした後、
進め方について参加者と話し合いました。


そしてお一人が「自分のテーマを」ということで、
その方のお話に皆がカウンセラーとして対応。

ちょっと変わった「グループカウンセリング」に。


鈴木も今回、カウンセラーとして参加。
その動き方、対応、姿勢などを
皆さんに観て頂く格好にもなりました。


今回はそうした進め方の中で
下記のような感想をそれぞれ頂きました。
※掲載許可を頂いたものだけご紹介。


---------------------------
真剣に悩んでいる人への言葉がけが、
これほど難しいとは思いませんでした。

この講座を受けるようになるまでは、

・悩みの因果関係の説明
・情報の収集

は、うっかりやってしまっていたと思います。

鈴木先生が相談者に質問を挟んだりするタイミングが絶妙で、
それを聞いているだけでも勉強になりました。

相談者の悩みの本質に近づいているのを聞いて
「こうすればいいんだ」と、
自分の仕事でどうすべきか、明確になった気がします。

橘 つぐみ様

---------------------------
カウンセリングについて、とても実践的で
深く考えたり、お話を聞く経験ができました。

グループだったので、少しじっくり
いろんな角度から考える余裕がありました。

その中で先生がおっしゃる
お話されている方の内容を確認している所が
とてもしっかり短く、的を得ていて、
(静かにですが)とても感動しました。

お話の中で、何が一番問題になっている所なのかを
お話の内容を受け止めながら
無理なく深めていくことの大切さを感じました。

もっとカウンセリングを勉強したいと感じました。

今日はありがとうございました。
みなさんの真剣な姿勢にも刺激を受けました。

H・E様(女性)

---------------------------
いつもながらクライアントの言葉を
自分の解釈を入れずにそのまま受け取り、
相手に共感するということは本当に難しい。

また、それをそのまま受け取ったとしても、
相手の言った事を別の言葉で、
そのまま要約して提示できるまでにも、
自分のボキャブラリーも必要で、
相当の数をこなしていかないと
心底、共感的理解に至るまでにはならないと感じました。

いつも自分は「出来ている」と思い込まず、
クライアントを理解しようという姿勢は忘れず
心に思っていたいと思います。

それはこの時ばかりではなく、
普段の人との会話でもそこを
意識できる自分でいたいと思います。

工藤 明子様

---------------------------
クライアントが抱えている問題について、
自分自身の「聴き方」が「聞き方」「訊き方」に
なりがちになっていること。

そして安易に言葉に出すことで相手に対して
不快な思いをさせてしまうことへの「怖さ」を
改めて実感した。

エンカウンターグループを経験したので、
クライアントさんが「沈黙」をすることに対して
「恐怖」をもつことは少しなくなってきたが、
カウンセラーが発する言葉の「重さ」や
「タイミング」については難しいと思った。

自分自身が「直感」で動く傾向があり、
流れをつかめないまま今回は
最後まで終わってしまったように感じた。

まだまだ「正確に聴く」ということが
自分自身、身に付いていないのだと思うので、
もっと「感情を拾える」ようになりたいと思う。

ちのぴぃ様(男性)

---------------------------
事柄を押さえて応えるのが難しかった。

流れが見失われた時にどう本流に
戻るように言葉をかけるかわからなかった。

(そもそも自分が本流と思ったものが
クライエントにとって
本当に本流かもわからなかった)

N・M様(女性)

---------------------------
私のケースを取り上げて頂き、
ありがとうございました。

難しい(応答しづらい)ケースだったと思いますが、
参加者の皆様から
様々なご意見を頂けて参考になりました。

話しながら
自分がこのケースのカウンセラーだったら
どう対応するだろうか・・ということは
常に考えながらやり取りをしていました。

やはり(当たり前ですが)鈴木先生の間合い、
応答、全てが勉強になりました。

肩の力を抜くクセをつけようと思います。
ありがとうございました。

永藤 かおる様

---------------------------


ご参加下さった皆様、
誠にありがとうございました。


実際のカウンセリング場面の一端に
直に触れて頂いた時間でしたね。


追伸:

7月5日(火)の学習会
ロールプレイを録音し、詳細にチェックする学習会です。


一語一語丁寧に検証するので、
共感的理解の具体的学習ができます。

>>詳細はこちら










スポンサーサイト

<< 生きる好奇心を刺激する学習 | ホーム | 本日グループカウンセリング >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。