最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/06 (Mon) 19:21
絶対的に信頼されるには?


こんにちは、鈴木です。



あなたがカウンセラーやセラピストだとします。

クライエントから「絶対的な信頼」を得るには、
いったいどうしたら良いと思いますか?


答えはこれです。


クライエントがあなたに対して、
「自分のことを一番よくわかってくれる人だ」
思えれば思えるほどあなたは信頼されます。


この人は自分のことを誰よりも
一番わかってくれている。


子どもで言えば、この先生は自分のことを
他のどの先生よりも一番わかってくれる。

そう思ってもらえることです。


「自分の気持ち、して欲しいこと、して欲しくないこと、
言いたいことを、いつも、誰よりも理解してくれている」



子どもからこう思われる先生は
子どもから「絶対的な信頼」を得ます。


決して「えらい話をする」とか、
「すごいアドバイスが出来る」とか、
「最新の心理学を知っている」とか・・・・


そういうことではないということを
よくご理解頂きたいところです。



では、このような「絶対的な信頼」
どのようにすれば得られるのでしょうか?



答えはシンプルです。



「他の誰よりもクライエントを
最も理解しようと努め続ける」




そう、これだけです。

たったこれだけのことを
どこまでも、どこまでも続ける。


それがカウンセリングの基本です。




追伸:

7月5日(火)の学習会
クライエントを理解する方法を
「ロールプレイ」によって具体的に学習します。

>>詳細はこちら










スポンサーサイト

<< 「間」や「沈黙」の重要性 | ホーム | ■言葉の可能性に着目です >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。