最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/05 (Sun) 22:22
■言葉の可能性に着目です


こんにちは、鈴木です。



「言葉の可能性」



力のあるカウンセラーと
これからのカウンセラー。

あなたはどこが違うと思いますか?


コミュニケーションの上手い人と
コミュニケーションが苦手な人。

いったいなにが違うと思いますか?



答えはこれです。



「言葉から内面を読み取る能力」



私たちが話す「言葉」には、思っている以上に
私たちの内面が反映されているんです。


でも、多くの人がそこに気づけない。
見逃している・・いや、聞き逃している。


「言葉」というものは実際、
かなり正確に話し手のあり様を表しています


つまり、力のあるカウンセラーや
コミュニケーションの上手い人は、
言葉から正確に相手の内面、あり様を読み取る。


そういうスキルに優れているということです。


だから、同じ言葉や話を聞いても、
それぞれに解釈や読み取るものが違う。

その「正確さ」「深さ」「適切さ」が違うんですね。


わたしたちはこの「言葉の可能性」
もっと着目していいと思います。




追伸:

7月5日(火)の学習会「言葉の可能性」を徹底学習です。

>>詳細はこちら








スポンサーサイト

<< 絶対的に信頼されるには? | ホーム | 続ける力がありますか? >>

コメント

1 ■最近、そういう癖が出来て来ました。

いつもお世話になっております(*^^*)。

最近、私もそういう癖が出来て来たような気がします。

「この人、喧嘩腰で言ってるけど、でも、この子場が出るってことは、本当はこんな風に思っているからじゃないからかな?」
とか、冷静に考えている自分に気づきます(^_^;)。

先日、実際にそういう場面に合いました。
物凄い剣幕で、まくし立てていたのですが、その言葉の中に、なんとなく「抱えている弱さ」を感じてしまったんです。

言葉に隠されている「裏」というか。。。

以前は、「こういうことを言うってことは、そういう風に思っているからだよね?」
と思っていたのですが、
その捉え方の角度が少し変わったような気がします。

以前は真正面の「その言葉」しか受け取れませんでしたが、今は、「その言葉の裏は、こういう心理が隠されている?」と、感じるようになったんです。

これが、少しでも成長しているからなのか、どうかは、自分では分かりませんが……(^_^;)

でも、こう捉えられるようになってから、少し、自分でも楽になったような気がします。

2 ■Re:最近、そういう癖が出来て来ました。

>百戦錬磨だけどゆるゆるなカウンセラー☆ふみ江さん

なるほど。

理解の幅が広がると気持ちが楽になりますし、
理解に深さが出てくると、
こちらの対応や姿勢に、安定感が出てきます。

カウンセリングで「聞ける」人には、
次の特徴がありますね。

1)言葉に飛びつかない

2)言葉の一言半句に反応できる

「聞く力」のある人には、
この相反する特徴の意味がわかると思います。

そして、言葉の読み取り方を、
その言葉を用いて説明できる人です。

何となくではなく、具体的に説明できれば
本当に読み取れているといえますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。