最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/04 (Sat) 14:15
『運命』とのつき合い方


こんにちは、鈴木です。



私はこの仕事をする前の前職が
トラックドライバーだったんです。

200キロ位ある荷物を身体で押して
積み下ろしをしてました。


そんな生活の中、心理カウンセラーを目指しました。

トラックの助手席にはいつも
「心理学」と「マーケティング」の本を置き、
休憩の度に読み返していました。

こんなトラックドライバーは
あんまりいなかったと思います(笑)


私は昔から「人間」「こころ」「生き方」に興味があり、
大学生の頃には「論語」や「人を動かす」などを
いつも枕元に置いて読んでました。


私が運転手から転進したその動き方は
今考えればとても無謀で、思い切りが良かった。

でも、一心に準備し、挑戦しようとしていると、
それは無謀ではなく、当たり前に感じられていた。


今振り返ると無謀ですよ(笑)
でも、当時は「できる」「やれる」と思ってた。

最終的には妻が背中を押してくれました。
それで踏み切ったところもあります。


人間本気で準備し、努力していると、
それを見てくれている人がちゃんといて、
時には手を差し伸べてくれます。


私もこれまで、何度もいろんな人に助けられた。
その人たちの"恩"なくして、今の自分はありません。


最近「運命」との付き合い方は
"2種類"必要なのではと思うようになりました。


1)運命を受け入れていく
2)運命を切り拓いていく



順番としては


最初に受け入れて、
そしてその後、そこから切り拓いていく


こんな感じかな・・・と思ってます。



7月5日(火)の学習会は、
共感的理解の実際の動き方を
ロールプレイをもとに徹底解説します。

「人間関係の機微」を深く学びます。

>>詳細はこちら








スポンサーサイト

<< 続ける力がありますか? | ホーム | 学習会の懇親会も有益です >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。