最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/17 (Tue) 23:29
■体験学習会「感想発表」


こんにちは、鈴木です。



本日、体験学習会、無事終了ベル

数名都合が悪くなり、キャンセルありましたが、
皆さんまさに「真剣そのもの」の学習会でした。


今回学習したケースは、
今までの学習会の中で、一番難しかったと思います。

参加された皆さん、解答するのに、
大変ご苦労されていたようです。


そして段々と筆が進まなくなる。
ペンと持つ手がピタッと止まる・・・・・


そこで"たった一言の重さ"を実感します。

でも「血の通った」意思疎通は、
そこから始まるのです。


早速、下記に参加者の感想です。

-------------------------
理解したことに対して応答する重要性、
クライエントの言葉の置き換え、
基本に立ち返る必要性に気づきました。

つい逐語は手間がかかると
遠ざかっていたことを反省しました。

気づきをありがとうございました。

心理カウンセラー 北原千賀子様


実際の事例が文章化されていて、
クライエントの変化を感じることができると共に、
言葉一つ間違えると変わってしまうことの
怖さを実感することができました。

また、自分がどう考えて
この応答になったのかを説明することで、
自分がどう捉え、またどこが違っているのかが
明確に理解することができた。

自分の日常会話の「クセ」が
そのままクライアントとの面接において
やってはいけない応答の仕方であり、
今後注意すると共に、
聴き方の「クセ」を改善できるようにしたい。

Y・T様(男性)


営業としてクライアントと接し、
モノやサービスを売る時、
ヒーラーとしてクライアントと接するときも、
基本は同じですね。

「3つの問いかけ」は大変参考になります。
都度都度で自分自身に問いかけることで、
整理ができると思います。

ありがとうございました。

本日の演習に関して、
「相手の気持ちを理解する。感情を受け止める」
努力と感覚を磨いていくことが大事かなと考えています。

少し「言葉じり」に囚われ過ぎてしまう様に感じました。

I君に対して、AさんならAさんなりに、
BさんならBさんなりの化学反応があって良いでしょうし、
そんな化学反応に期待します。

鈴木 泉様


相手の言いたい気持ちを正確に、深く理解した上で、
どう言葉を投げかけたらいいのか。

症例から具体的に考える勉強は
とても刺激になりました。

気持ちをくみとって、受け容れやすい
"配慮"もまた、なるほどと思いました。

さり気ないのにポイントを押さえていけば、
短時間のうちにラポールがとれ、
相手の本当の言いたいことが
浮かび上がっていくことを実感しました。

ありがとうございます。

T・T様(女性


最初はオープン質問から(自由に話してもらう)。
「やっと」「つい」「~して・・・だったのね」の
前半とか、配慮の仕方。

「カッと」「ムカムカ」のようなカタカナ感情言葉より
「腹が立ってしまった」のような説明描写言葉の方が
クライエントが自分の気持ちの動きを追いやすいとか。

ポイント満載で、とても勉強になりました。
こういう学習を続けてゆきたい。

カウンセリングも「アートだな」と思った。
とても面白かった。
自分のセッションやレッスンを録音して振り返ります。

N・M様(女性)


相手の言いたいことを理解すれば、
カウンセリングは成功すると言われていますが、
共感的理解をすることの難しさ、さらに
応答する言葉選びの難しさを、学べば学ぶほど痛感しています。

クオリティーを求められる職業であるにも関わらず、
薄っぺらい言葉で済ませないよう、
これから学んでいきたいと思いました。

蒼様

-------------------------

単に「勉強になった」ではなく、
悪戦苦闘の末に学習を終えた感じが、
この感想文から伝わってくるようですね。


6月の体験学習会は、
6月20日(月)開催予定。


改めてブログで告知いたします。






スポンサーサイト

<< 変わらぬスタンスでいきます | ホーム | 満員御礼!エンカウンターグループ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。