最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/09 (Mon) 10:03
セラピーもビジネスも人間力


こんにちは、鈴木です。


先日、ある事業家の方と飲む機会がありました。
その時のお話が印象的でした。


どんなお話かというと・・・・


ビジネスは「人だ」というお話。


ビジネスは"手法"ではなく"人"だ。
人とのつながりで大きくなる。
人がチャンスを持ってきてくれる。


人脈というのは、タテ社会の話ではなく、
「横のつながり」のことを言う。

その人のポジションや地位や
収入によって決まるのではない。

相手に対し「信頼」「価値」
いかに与えられるか。


つまりは相手からいかに自分が
信頼され、価値を感じてもらえるか


それで人脈の質とスケールが決まり、
ビジネスの成否を大きくわける。




この話をお聞きしていて、私は
「セラピーと共通することだ」と感じました。


セラピーも最終的には「人」です。
技術や知識や方法論ではありません。

セラピストがどんな「人」なのか。
どんな"人間性"で、どのような"姿勢"で生きているか。

どんな「人間観」「価値観」「思想」を持っているのか。

こうしたことが面接やセッションで
否応なく反映してくるはずです。


つまりはごまかしが効かない部分
クライエントはこちらの人間性を敏感に感じます。

だからこそセラピストがどういう人間性の持ち主で、
どんな人間的な影響を黙っていても与えられるか
が重要。



これは、先のビジネスは人だという話と
実に多くの点で共通するものがあります。


ビジネスにしても、セラピーにしても
「自分自身の人間性」を磨き続けることは、
大きなメリットがあるといえそうです。







スポンサーサイト

<< ランチ会参加者募集します | ホーム | この養成塾の「強みはこれ」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。