最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/07 (Thu) 18:23
カウンセラーの実力アップ法


こんにちは、鈴木です。


「レベルアップするためには?」


カウンセラーとしてカウンセリングの力量を
レベルアップするために必要なこととは?


カウンセリングの力をつけるためには、
座学だけではどうにもならないわけですね。

実践の力をつけないとならない。
じゃあ、どうやって実戦力は養えるのか?


そこを考えるには、
現場で問われることは何かを知ることです。

では、現場で問われることって何でしょう?


答えはこれです。


何を知っているかよりも、
実際にどう動いているか。



心理学の知識や心理療法の種類をいくら知っていても、
知っているだけじゃあ意味がないんです。

相談に来られた方を目の前にして、
自分は実際にどんな反応をしているか?
そこから出発しないとどうにもなりません。


「先生、今日は面接なんてやる気ないよ」


そう言ってそっぽを向く子どもに、
あなたならどう反応しますか?
どういう態度で、どんな言葉で応じますか?


相談室の資料を、机の上に乗って、
部屋中にばらまく子どもに、
あなたは咄嗟にどういう態度を取りますか?

※実際に鈴木が経験したことです。



カウンセラーとしてやっていくなら、
こうした「いざ」の連続に対し
瞬間的に対応する力が必要です。

そういう力を養うこと。
普段から磨いていくことが現場で問われること。


だから

何を知っているかよりも、
実際にどう動いているか。


ここに常に立ち返り、
ここから常に出発するしかありません。


この鍛錬を繰り返すことによって、
様々な現場、様々な場面に対して
適切に動ける人間になることでしょう。


4月12日(火)の体験学習会。
こうした実力をケース演習で養成します。

もちろん、養成コースに入塾しない方でも歓迎です。

でも残席2名

>>詳細はこちら









スポンサーサイト

<< よく頂くご相談内容はこれ | ホーム | この方のブログで紹介されました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。