最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/18 (Tue) 09:11
カウンセラーは一事が万事


こんにちは、鈴木です。


「カウンセラーも一事が万事」


カウンセラーの言動について書きます。

カウンセラーの言動に、その実力が現れます。

どんな場面でどういう言動を取るのか。
それによって、カウンセラーの力量がわかります。


また、普段の言動や動き方をみれば、
そのカウンセラーの面接のあり様もわかります。


普段、無神経で配慮のないもの言いのカウンセラーは、
面接でも絶対に同じ動き方をしています。

普段のその人のあり様が、
面接では露骨に出るのです。


一事が万事ということですね。


だから、面接を録音し、
カウンセラーの対応を検討すること。

これはとても重要なことになるのです。


日常生活の中で
ずっとカウンセラーでいる必要はありません。

ロジャーズも、そんなことは必要ないと言っています。


しかし、普段の言動の中に、その人の内面が現れ、
それがカウンセリングの面接でも同様である。

このことは事実です。


ですからもし、カウンセラーの研修会や
心理学のセミナーに参加する場合。

セミナーの中身もそうですが、
その講師の姿勢やあり方・人間性を
よ~く観察してみてください。


これも人間研究の一つですね。


カウンセラーは何をどれだけ知っているかより
何をどう実際にやっているかの方が大事です。


立派な理論を教えている先生でも、
いざという時の人間性の方が
講師や臨床家としての力量が問われる。


結局はそういう話になってしまいますね。


●カウンセラーのためのメルマガ

新たな視点でカウンセリング力を高めます。
確かな臨床を学び、面接の不安も解消です。


>>登録はここから








スポンサーサイト

<< 無料スカイプSVを実施 | ホーム | メルマガ登録ありがとうございました >>

コメント

1 ■その通りですね。

全くその通りだと思います。カウンセラーの言葉の一つ一つ、ふとした表情、しぐさなど、あらゆる部分に心の有りようが出てしまうから、表面を取り繕ってもすぐにボロは出る。結局は“地”を良くしておくしかない。厳しい世界ですね。

2 ■Re:その通りですね。

>せんだいのセミナープロモーター    鈴木はるみ さん

いつもコメント、ありがとうございます。

おっしゃる通りで"地"で我々は勝負してます。
決して理論や知識ではないですね。

特に子ども相手の時はそうでした(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。