最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/14 (Fri) 08:29
面接の入り方のポイントは?


こんにちは、鈴木です。



質問者:カウンセラーKさん

面接の入り方がよくわかりません。

毎回どうスタートさせたらいいのかと
とても悩んでいます。

だいたいこちらが緊張して、
あまり考えなしに始めてしまったり、
間がもたなくてベラベラ話してしまいます。




回答者:鈴木

面接の入り方というのは、
答えがあるようでありません。

先日私は、自分の面接の録音を
複数聴き比べるということをしました。

そうしたら、毎回入り方を
微妙に変えていることに気づきました。


これは半分感覚的な
その場の判断でやっているようです。


私は一言もしゃべらず
クライエントが話し始める。

一言だけ問いかける形で、
その後、クライエントが話す。

こちらが二言、三言話してから始まる。


その時によって、それこそ微妙に変えています。


ただ、面接の入り方として、
いつも気をつけていることが2つあります。


1)静かに、落ち着いた、安心できる雰囲気づくり

2)クライエントがその時話したいことが話せる場にする



どんな入り方になるにせよ、
上記の2点が守られるように努めています。


面接の入り方はとても難しいです。
第1回目は特にそうでしょう。

まして、無理やり連れて来られた子どもなどは、
本当に苦労しますよ(笑)

でも結局は、面接の入り方は
カウンセラー自身がたくさん苦労して
自分で確立していくしかありません。



【残り⇒2名】
60分無料スカイプSV

ひらめき電球詳細&お申込みはこちら










スポンサーサイト

<< ほめる・励ますは邪道? | ホーム | 限定3名:60分無料スカイプSVスタート >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。