最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/13 (Thu) 17:51
■カウンセラーと資格

こんにちは、鈴木です。


「なぜ、カウンセラー資格を用意しないのか?」


そうなんです、用意していません。

この臨床カウンセラー養成塾。
資格を用意していないカウンセリング塾。


どうして用意してないのか?
敢えて用意していないのです。


これは資格を全否定するものじゃないですよ。
今回は資格のデメリットに焦点を当てています。


カウンセリングに限っていうと、
次の構図が成り立ちません。


資格がある=実力と信頼の証


医者の世界や弁護士・会計士なら
資格の必要性は強いと思います。

しかし、心の世界を扱うカウンセリングは、
資格の意味や信頼度が
医者などにくらべると弱いのは否めません。


カウンセラーに求められる多くが、
その人間性や感受性だからです。

人間性や感受性に資格は与えられません。



ただ



私の師匠はこう言っていました。

「カウンセラーに資格を与えられるのは
最終的にはクライエントだ」



カウンセラーの資格、与えられる人がいるなら
それはクライエントといえると思います。

私はこの師の言葉を
忠実に守り、貫きたいと思っています。




そして





私が資格を敢えて用意しない理由。
実はもう一つあります。


資格を用意すると、
どうしても資格が目的の人が来ます。


資格を取るために勉強する。
その時点でクライエントの方に向いてない。

でも、最初から資格のない所に
カウンセリングを学びに来る人は?


そう、カウンセリングを学びたい人ですよね。


それがカウンセラーでなくてもいいんです。
私は純粋にカウンセリングを学びたいと
強く思っている人と勉強したかったのです。


だから敢えて資格を用意していません。
それでも臨床を学びたいという方。

そういう方と一緒に進みたい。
それが私のささやかな願いでもあるのです。









スポンサーサイト

<< 限定3名:60分無料スカイプSVスタート | ホーム | カウンセラーの適性って? >>

コメント

1 ■はじめてコメントさせて頂きます

いつも拝見していますが、はじめてコメントさせて頂きます。

うちの師匠と同じようなことを仰っていたので、思わずコメントしたくなってしまいました。

私が師と仰いでいる方も、「心理学は勉強しなくていい。心理を勉強しなさい」という方で、ですから代表を勤めているNPOにも、そのNPOの資格制度はありません。

資格を持っていなくても、何をしている人でも、とにかく「心」に興味を持っている方なら誰でも参加できる交流会を開いています。

お陰で、交流会では、「心」に興味を持っている色々なジャンルの方とお話をできるので、逆にとても有意義な話を伺うことができています。

なんだか、私が師と仰いでいる方と同じ考えをお持ちで、とても嬉しくなってしまいました。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします(*^_^*)。

2 ■Re:はじめてコメントさせて頂きます

>ゆるゆるライフアドバイザー@ふみ江さん

コメント、ありがとうございます。

さぞ、有意義なメンバー、時間でしょうねえ。

心理の世界はあらかじめ用意された
枠組みに沿ってできるものではありません。

カウンセラー一人一人が、
苦労しながら自分で創っていくものです。

それは、クライエントも同じですね。

良きお師匠さんをお持ちなんですね(^^)

「心理学ではなく心理を学ぶ」

この言葉、忘れないようにいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。