最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/12 (Wed) 18:17
カウンセリングは動き?


こんにちは、鈴木です。


カウンセリングは聞く、共感する、応答する。

このように綺麗に分解できるものではありません。


それぞれが一連の流れであったり、一体であったり、
お互いがせめぎ合ったりするものです。


例えばクライエントの話が急に変わった。
(面接ではよくあることです)

カウンセラーは内心戸惑います。


「あれ?なんだろう?」

「どうしよう」


実はこの戸惑いがクライエントに伝わることも、
これはこれで面接として意味があるんです。


こういうことは本にも書いてないし、
大学やカウンセリングの学校でも、
なかなか教えてもらえないこてだと思います。


これを専門的に表現すると「力動」というんです。


カウンセリングは動きなんです。

分解して教えてばかりいるから
実際の面接で太刀打ちできなくなるんですね。



さて



これからカウンセリングのため、
再び麹町(半蔵門)に向かいます。









スポンサーサイト

<< カウンセラーの適性って? | ホーム | カウンセリング入門 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。