最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/24 (Fri) 16:26
面接時間ってどの位?


こんにちは、鈴木です。



質問:カウンセラーNさん

カウンセリングの面接時間について。

カウンセラーによって、60分・90分・120分など、
いろいろな時間と料金でやっています。

面接時間は長い方がよいのでしょうか?



回答:鈴木から

カウンセリングにとって、時間は命綱。
これは以前この記事にも書きました。


カウンセラーは常に時間厳守で動く。
日常の生活でも、心して頂きたいです。


なぜかというと、一事が万事だから。


普段時間にルーズな人が、
面接だけ厳格に・・なんて出来ないんです。


私はスクールカウンセラー時代、
基本的には定時で帰りました。

その代り、時間内はしっかりと仕事しました。

そういう動き方をした方が、
却って信頼されたものでした。


今も、面接時間は厳格に守っています。
そうすると、面接自体が締まってくるんです。


これはカウンセリングでとても大切なこと。

時間を守らずに、
安易なサービス精神を働かせれば、
結果として、面接は失敗します。

深い面接は、深い集中力を要します。
90分も120分も出来るものではありません。


それだけの時間を取れば、
どうしても間延びした面接になります。
※鈴木は現在50分としています。


時間厳守。


この意識を徹底するだけで、
あなたのカウンセラーとしての姿勢、
そして雰囲気が変わってきます。


その雰囲気を感じ取り、
クライエントも気持ちが引き締まるのです。









スポンサーサイト

<< 最初の3分をどうするの? | ホーム | 先生たちの苦労 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。