最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/23 (Thu) 22:56
感想:いじめ勉強会


こんにちは、鈴木です。


22日に行った「いじめ」の勉強会。
参加者の感想文をご紹介します。


先ずはさん

とてもご丁寧にメールで頂戴したものです。


「本日、「いじめ問題の理解と対応」で
お世話になりましたです。

鈴木先生の勉強会へ参加する事が出来て
本当によかったです。

昔、講演会を主催する側の立場におりましたので、
数々の講演会を聴講した事がありますが、
大抵の場合、一ヶ所だけ、
印象に残った話しがあれば
「合格」と考えて聴いておりました。

ですが、今日のお話しは、
全てに魂が込められていて、
とても共感出来ました。

何故もっと早くに出会えなかったのかと思いますよ。
鈴木先生、素晴らしい活動だと思いますよ!


いじめの定義についてを、
はっきり提示して頂き、
目からうろことでも言いますか、
今まで不透明だったものが
明確になった気がしています。

もっと早くに先生と出会えればよかったのに。
うちの娘の学校のSCが
鈴木先生のような方だったらよかったのに。

な~んて、後ろ向きでしょうか。
でも、本心です。

鈴木先生のような草の根的な活動を
コツコツとされている方から、
ここまで本格的な「現場における実態と、
子供達の生の声」を聞けるとは思いもよらず、
本当に感動致しました。

今後も、全国の学校関係者や生徒や父兄に向けて、
いじめの定義、虐める側、虐められる側の心・
周りの子供達の心など、先ほどおっしゃったような内容を、
先生の声で皆に伝えて行けたら、
改革を起こせるのではないかと思いました。

それくらいのパワーを感じましたよ。

色々な立場の人が交わって
ディスカッションする事こそ意味のある事。

私はそのように思います。

スクールカウンセラーさんの力量が
問われる時代がやって来ましたね。

当事者の親へのサポート体制も
出来るといいなと思います。

これから大きくなる子供達が救われますように。

私も微力ながら、その親子達の話しを受け止め、
支えて行きたいと思っています。

この度は、ためになる勉強会に参加させて頂いた事、
心より感謝申し上げます。

どうもありがとうございました。」



たった2時間半の勉強会で、
これだけの感想を頂けるとは、
講師冥利に尽きるといってもいいですね。


本当にありがとうございました。
別の方の感想も、順次ご紹介します。



スポンサーサイト

<< 先生たちの苦労 | ホーム | 反響ありました >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。