最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/16 (Thu) 09:40
体験勉強会の感想どうぞ


こんにちは、鈴木です。


お待たせいたしました?

14日の勉強会、参加者のみなさま。
勉強会の感想をコメントしてください。



お題は・・・・



『数日後の、今のお気持ちは?』



もちろん、これに絞らなくてもOK。

ただ、今回は、こうした体験勉強会に参加し、
終了直後の感想ではなく、
数日後の感想を把握したいのです。


なぜなら、

数日後の実感が本当の感想

になるからです。


別な言い方で言えば、
「良い話聞いたなあ・・・」で
数日すると何も残らない。

そういう研修では意味がないからです。


参加者の皆さん、よろしくお願い致します。











スポンサーサイト

<< 締め切り迫る いじめ勉強会 | ホーム | これはおススメの本です >>

コメント

1 ■ピントが合いました

参加者のナガトーです。

知識を貪欲に吸収している過程のなかで、
「本当にそれはそういうことなのか?」とか
「それは有効なことなのか?」と
疑問に思う点が多々あります。

今回の体験勉強会は
「百聞は一見に如かず」

始まったときは、どう進んでいくのだろうと
戸惑いましたが、
まさにフリーのJAZZ SESSIONのような
感覚で、どこからどう出てくるのか
わからない音をとらえて返す、
自分もどうなるかわからない音を出す、
場があったまってくる、
さらに増幅する、という状態で
一つの素晴らしいセッションになったのでは
ないかと思います。

参加したことにより、自分自身の
考え方のピントも合ってきました。
同時に、「自分は間違っていなかった」
という確信が持てたことにも
うれしさを感じます。

また、貴重な勉強会、
参加し続けて、臨床の力をつけたいです。

抽象的ですが、
以上、参加者の率直な感想でした。

2 ■無題

こんにちは けいたんこと中澤敬子です。
火曜日はお世話になりました。
久々にエンカウンターを体験して、自己一致とクライアントさんの力を信じる事の大切さを思い出しました。
先生の教育分析を受けた後あたりから、一番私をてこずらせていた児童との関係が、急によくなったのを感じて驚いています。

3 ■エンカウンター?!

今回も大変有意義な時間をありがとうございました。

私にとって、この勉強会は、「エンカウンター」
ではなく「えぐるカウウンターパンチ」でした!!
私は、エンカウンターに参加する時は、自分が
クライアントの立場をとって参加するものだと思っていました。でも、違った。シビアで荘厳な体験でした。

◆当日:ボロボロ。自尊心崩壊状態。反発心もあった。自責と情けない気持ち。この仕事、やめようかな、とも思った。

◆15日:ちょっとテンションが低い。でも、どこかで穏やかな感覚がある。同時に、懐かしい気持ち。(この日、1件占いカウンセリングをしました。その場で次週の予約をくださった)自分の対応に変化が!間が心地よい。でも、自分のブログを書く気になれない。

◆16日:落ち着いている。ワクワクしている。地に足がついた感じ。100%クライアントが自分で前に進む力を持っている、という可能性を信じきることができた。(今日のセッションは、4回目のクライアント。前回といっていることの深みが違うことをキャッチできた気がする。嬉しかったのは、「心療内科の先生は一般論しか言わないし、問題の人のことを悪者扱いするけど、沙璃さんは、私の言いたいことをそのままに整理してくれるので、いい。」と言っていただいたこと。)
気分は、エクスタシー☆

この勉強会で、本当に大切なものが何かを取り戻させていただきました。荒療治ではありましたが・・・。占いをする時は、どうしてもクライアントが短絡的に答えを要求して来ることが多く、そこに応えようとしてしまいがちです。皮肉なことに、知識が増えれば増えるほど、レクチャーしたくなってしまう。でも、それは依存か恐怖をあおるだけで、クライアントの可能性を否定していることになる。これを突きつけてくれた勉強会でした。

あと、あまり言いたくないですが、自分のあり方も見えました。それは、承認してほしいという欲求があること、そして、負けず嫌いなことです。

コアな部分に直面させてくれるものでした。
だから、カウンターパンチの勉強会でした。

今の気持ちは、「OKな感じ」です。



4 ■エンカウンターの感想

エンカウンターが始まってから最初の沈黙で、なかなか話題を提供できずに焦りました。

私は、今まで自分で企画して何でも進めていたつもりでしたが、意外とそうではなく、受け身だったことがわかりました。

もっと自発的に生きてもいい・・・というか、そうすべきなのかもということに気づくことができました。

私の仕事も、短期的な問題解決を求めてくるお客さんが多いです。
でも、レクチャーをしすぎず、最終的にはクライアントの方が自分で変わる力を信じようと思いました。

5 ■Re:ピントが合いました

>ナガトーカオル☆ハタラク人のココロの悩みならこちらへさん

率直な感想、ありがとうございました。

講師主導のワークでは生まれないものが、
このエンカウンターでは生まれると思います。

同時に、自由な場というものの難しさ、
カウンセラーとしての姿勢の確認など、
いろいろと経験できればと思います。

自分の辿ってきた道のりを再確認する。
それそれで大きな意味がありますね。

また、今後ともよろしくお願い申し上げます。

6 ■Re:無題

>けいたん☆自信を育てるセラピストさん

カウンセリングも、人間関係も、
最終的には技術ではなく、人。

もっといえば、その人の態度・姿勢。
内側からにじみ出るもの。

我々カウンセラーはそこを積み上げていく。
それが土台づくりにつながると思います。

自分なりのやり方と学んだこととを突き合わせ、
現場でドンドン試していかれると良いと思います。

これからもよろしくお願い致します。

7 ■Re:エンカウンター?!

>働く女性の心の応援団☆占いカウンセラー沙璃さん

今回はカウンセラーの皆さんの研修でもありましたから、
私なりの姿勢を強く打ち出してみました。

今回お集まり頂いた皆さんであれば、
きっと時間をかけてでも学びを深める。

そういう確信があったからです。

つまり、ファシリテーターとして、
グループを心から信頼していました。

エンカウンターも、カウンセリングも、
時間を置いてから感じる変化があります。

私たちカウンセラーは、
そうして熟成されていくものにも目を向け、
大事にしていきたいものですね。

いつもご参加下さり、ありがとうございます。
自分とまっすぐ向き合う姿勢は、
きっとかけがえのない学習につながります。


8 ■Re:エンカウンターの感想

>恋愛コンサルタント 橘つぐみさん

エンカウンターで学びがあったということですね。

やはり教えられていないけど、教えられる。
それが"学習する"ということだと思います。

主体的に学べたことこそ、
後々定着し、力となるはずです。

これからもよろしくお願い致します。

9 ■葛藤と受容

感想コメント遅くなりすみません。
またしても体調不良で、睡眠第一になってしまっていました。
やっと合う薬にめぐり合えたようで、回復してきました。
(と、感想と関係のない所から始まってしまいました)

今回の勉強会では、最近の悩みだった、
自分の中の
『受容的・共感の傾聴と、教えたい、啓蒙的欲求』
について話す事ができたのが、とてもよかったです。

今までは、
傾聴するために、啓蒙的欲求を『押さえて』きたた部分があったため、
抑圧になってしまっていたこと、
それ故に、「出たい!」という欲求になってしまっていたことがわかりました。

今回のグループエンカウンターという方式で、
傾聴してもらう、安心感、心地よさを
改めて体感することが出来たこともよかったですし、
そんな啓蒙的欲求を持っている自分も、
それはそれでOK、と
受容できるきっかけとなりました。

そして、それもOK、と思えたことで、
自分の中の葛藤がおさまり、
自分を抑えることなく傾聴に向かえる、
そんな姿勢が自分の中に育ったように感じています。

来月は残念ながらスケジュールの都合で参加できそうにないのですが、
是非また参加させていただきたいです。

ありがとうございました。

10 ■Re:葛藤と受容

>幸せな子育て応援人 渡瀬佳子さん

エンカウンターの中で、
改めて自己受容の経験がなされたということですね。


教える。
受容する。
共感する。
信頼する。


それぞれの違いを理解・経験できると、
さらに葛藤も消えていくのではないかと思います。

エンカウンターでは、ファシリテーターが
グループを信頼することが大切。

それは、対個人でも同様です。

これからも、共に学べると嬉しく思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。