最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/06 (Mon) 18:35
いじめから子供を救う


こんにちは、鈴木です。


今月「いじめ」に関する勉強会を開きます。

いじめを受けた子どもの証言。
いじめを行った子どもの証言。
周りで見ていた子どもの諸言。

それらを中心に、いじめを考えます。



そして




最近では、教育現場で新たな問題が発生してます。

学級崩壊

学級崩壊はいじめを誘発しやすいのです。

クラスの荒んだ怒りの矛先が、
一人の子どもに向かってしまいやすいんですね。

これは非常に残念なことです。

救うべきは、全ての子。


いじめを受けている子を救う。
いじめを行う子も救う。

これを複雑な思いで見ている子も救う。


そのために、クラスという集団の健全化。
ここも同時に着手する必要があります。


「木も見て森も見て」が必要になります。


12月22日(水)に緊急勉強会をやります。

◆いじめから子どもを救うための勉強会◆
    ~誰も教えてくれない~
『いじめ問題の理解と対応』

開催:12月22日(水)
時間:14:00~16:30
場所:サロン・ド・ソノリ
(小田急線成城学園前徒歩1分)
定員:5名(残席4名)
受講費:1000円


前半は私の講義で、後半は
ワーク&グループディスカッション。

【講義の主な内容】

●なぜいじめの告白を子供は嫌がるのか
●学校はなぜ、いじめに対応できないのか
●現代のいじめの特徴と傾向
●いじめへの対応の基本
●子どもたちの証言
●子どものケアについて
●子どもの心を開く関わり方
●いじめ解決のための処方箋



他では聞けない内容です。

私はスクールカウンセラーとして、
現場で聴いてきた子どもたちの生の声。

それを、特に次のような方に聞いてほしいです。

・いじめの理解と対応を知りたい方
・学校の先生
・スクールカウンセラー
・お子さんのいる親御さん


お子さんが直接関わりがなくても、
同じクラス、学校、身近にいじめが存在する方。

お子さんがいなくても、
社会問題として真剣に学びたい方。

心あるアメブロガーのみなさま。


以上の方々も歓迎します。


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「いじめ勉強会申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。









スポンサーサイト

<< 健康管理してますか? | ホーム | キャリアカウンセラーの方へ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。