最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/14 (Sun) 09:10
これは重要な訓練項目


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


「カウンセリングを受けたことありますか?」


あなたがもし、カウンセラーだとしたら、
上記の質問をさせてください。


あなたは、カウンセリングを受けたこと、ありますか?

もし、1度もないということでしたら、
それはちょっと考えて頂きたいですね。

カウンセラーはカウンセリングを受ける。
これは、カウンセラーの訓練の基本中の基本です。


カウンセラーが受けるカウンセリングを
「教育分析」と呼んでいます。

私も師匠の教育分析を5年間受けました。

教育分析を受ける意味は次のものです。

1)カウンセラー自身の内面のメンテナンス

2)クライエント体験



ご説明します。


1)カウンセラー自身の内面のメンテナンス

自分の中に精神的なアンバランスさが無いか。
ある問題に対する防衛が無いか。

カウンセラーとしての態度、姿勢、人間性のチェック。
これらを整え、磨く意味があるわけです。


2)クライエント体験

クライエントの立場を経験することは重要です。

共感的理解をされる側になる。
傾聴される側になる。

クライエントの気持ちを体験することで、
様々な気づきがあり、自分の面接に生かせます。


これをしっかりやっているカウンセラーと
ほとんどやっていないカウンセラー。

その力量の差は歴然としてきます。


時々、こうした訓練を嫌う人がいます。
いったいどうやって、自分の腕を磨くんでしょうか?

こういう訓練を嫌うプロって一体?
これはカウンセラーの防衛以外の何物でもないです。


見えない所での努力の積み重ね。
それはどんな仕事でも大切です。

カウンセラーとしての臨床力を磨く上で、
重要なのは次の2つです。

●カウンセリングの技術を磨く
●カウンセラーとしての人間性・姿勢を磨く



そういう意味でも技術研修に加え、
エンカウンターや教育分析は必須です。

鈴木はカウンセラーの方の
教育分析の面接を実施します。


通常カウンセリングは50分ですが、
教育分析は90分です。

カウンセリングを経験して頂く時間と、
臨床指導の時間も加えるからです。

90分 15000円

教育分析を受けてみたいという方。
鈴木にプチメ下さい。


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

※件名「教育分析申し込み」と
 お名前・電話番号をお願いします。






確かな臨床力をつけて、自信を深めましょう。
本物の傾聴力を磨き、面接の不安を解消しましょう。


【傾聴と共感的理解の徹底演習セミナー】

日時:11月20日(土)13:30~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:講義とロールプレイ&解説
概略:理論と実践をつなぐ練習でレベルアップ(中級編)
受講料:7000円
定員:12名
講師:鈴木雅幸

【グループエンカウンターワークショップ】

日時:11月28日(日)10:00~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:グループエンカウンターワークショップ
概略:参加者同士が心を通わせるワークショップ(初級編)
受講料:12000円
定員:8名
ファシリテーター:鈴木雅幸


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「○日セミナー申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。











スポンサーサイト

<< なぜカウンセラーに? | ホーム | オウム返しは邪道? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。