最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/13 (Sat) 21:20
オウム返しは邪道?


カウンセラー育成スーパーバイザーの鈴木です。


オウム返し(繰り返し)という技法がありますね。

カウンセリングを勉強すると、
かなり初めの方で習うはずですね。


でも、このオウム返し。
賛否両論あるんですね。


ある人は言います。

オウム返しなんてしてたら、クライエントは怒りだす。
だから、あれは教科書だけの話で、使うべきではない。


一方で、ある人は言います。

相手の話を復唱することが傾聴のトレーニング。
だからオウム返しはとても重要なのだ。


さて、どっちが正しいんでしょう?
あなたはどう思いますか?


オウム返しは使うべきではないんでしょうか?
それとも、オウム返しこそ重要なのでしょうか?


これはね。

ある側面ではどっちも正しいです。
でも、別の側面からだと、どちらも間違い。


簡単に白黒つけられない問題なんですね。


でも、クライエントの話の内容にかかわらず、
オウム返し連発じゃあ、話にならない。


それは当然のことなんです。


ただね。


オウム返しについて一つだけふれますね。

面接をやっているとね。
オウム返しでしか対応できない場面があるんです。

そういう時こそ、オウム返しが生きてくる。


それがどういう場面かを実際の面接で判断できること。
これが我々カウンセラーには必要なことですね。


これがヒントですね(^^)


もちろん公開講座や勉強会では、
オウム返しにについても、全てお伝えしています。




確かな臨床力をつけて、自信を深めましょう。
本物の傾聴力を磨き、面接の不安を解消しましょう。


【傾聴と共感的理解の徹底演習セミナー】

日時:11月20日(土)13:30~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:講義とロールプレイ&解説
概略:理論と実践をつなぐ練習でレベルアップ(中級編)
受講料:7000円
定員:12名
講師:鈴木雅幸

【グループエンカウンターワークショップ】

日時:11月28日(日)10:00~16:30
場所:原宿セミナー会場
内容:グループエンカウンターワークショップ
概略:参加者同士が心を通わせるワークショップ(初級編)
受講料:12000円
定員:8名
ファシリテーター:鈴木雅幸


>お申し込みはこちらから<
●office@counselinglife.com●

・件名「○日セミナー申し込み」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。















スポンサーサイト

<< これは重要な訓練項目 | ホーム | 問題児への接し方 >>

コメント

1 ■無題

勉強になりました


なるほどって 思いましたよ(^O^)

2 ■Re:無題

>ゆうちゃん無限大さん

コメントありがとうございます。
カウンセリングはコミュニケーションです。

日常のコミュニケーションと基本は同じ。
決して特別なものではありません。

3 ■もやもやしてました

技法のうちで、一番初めに教わるのに、もっともやりづらい(というか、不自然なぎこちなさがでる)と感じていました。

でも、今回の記事で、苦手意識から抜けようと思うことが出来ました。

12月の予定を楽しみにお待ちしております。

4 ■Re:もやもやしてました

>アドラー心理学カウンセラー☆鋭意修行中☆ナガトーカオルさん

オウム返し(繰り返し)が、
なぜカウンセリングの基本に据えられているか?

この意味をわかって使ったり教えている人が、
実際に少ないということの証明ですね。

長ーい語りに対してはどうするの?

など、いろいろありますからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。