最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/08/04 (Mon) 10:23
心を動かすカウンセラーの応答

塾長の鈴木です。



「応答技法、その基本」


8月2日に「オープンセミナー」を開催しました。

月2~3回のペースで開いていますが、
今回も定員一杯の8名にお越し頂きました。

初参加の方や、3年以上通っておられる方まで、
様々なメンバーが揃いました。


今回は「長い話の聞き方」がテーマでした。

長い話はどう聞けばいいのか?

長い話をどのように理解できるのか?

そして、長い話を聞いた後、どんな言葉で応じれば良いのか?

応答トレーニングを通して、技巧や知識といった表面的な対処ではなく、
クライエントの心が動く「生きた言葉」の返し方を学びました。


長い話を正確に聞き、しっかり理解するためには、
いくつかポイントがあります。

話の筋(スジ)の押さえ方、それぞれの内容の整理、
全体として言わんとしていることの押さえ方、
そしてそこに付随している感情・・・・・

こうした要素を踏まえて返す言葉を吟味します。

今回使用したのは、以前のオープンセミナーで実施した
ロールプレイの録音と逐語記録。

6~7分にわたって一気に話された内容に対して、
的を射た適切な応答を皆で考えました。

そして、8名の応答を全てシェアし、
一つ一つの応答を私が直接チェックする方式を採用。

全員の応答一つ一つをチェックというのは、
今回初めて試みたやり方でした。


参加者は、他の参加者の応答にもふれられて、
とても勉強になった、良かったと言ってくれました。


応答というのはカウンセリングの要です。

表面的な言葉だけを拾って返してもダメですし、
いきなり助言や質問をするというのも不適切。

話してくれた内容をまずはしっかりと聞き、
十分な理解を通して相手の心が動く言葉を投げ返す。

あくまでもこれが応答技法の基本です。


そして、さらに重要なのは、そうした応答を具体的には
どうしたら返すことができるのかということですね。

そのために逐語記録や録音記録など、
実際の会話の記録という具体的な素材を使用します。


明日の8月5日も「オープンセミナー」を開催します。

内容は塾長鈴木のロールプレイです。

実際の鈴木のカウンセリングは、どのような傾聴・共感・応答になっているのか?

半分オープンカウンセリングのような内容ですが、
そのロールプレイを録音し、再生記録を皆で解析し、学びます。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










スポンサーサイト

2014/08/02 (Sat) 10:14
企業向け傾聴トレーニング

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。


「録音しよう、そして聴き返そう」


昨日は千代田区の出版社主催の企業研修でした。

企業向けのカウンセリング研修で、今年で4年目になります。

内容は養成塾のプログラムをそのまま採用しています。

応答トレーニングや傾聴トレーニングをやってもらうわけです。


今回はかなり短い時間で適切な応答を導き出せました。

各々のグループ討議のプロセスに無駄がなく、
早い段階で良い応答にたどり着きましたね。

各メンバーが自分のその瞬間の役割を察知し、
適切に動いていたことが大きかったように感じました。

全体的にとてもまとまりのよい研修となりました。


終盤に実施した傾聴トレーニングでは、
6分間のロールプレイを1時間近くにわたって検討。

話を正確に聞くということの意味、そして難しさを
受講者全員が改めて実感する時間ともなりました。


会話やコミュニケーションを考えるとき、
ほとんどの人が「話し方」「伝え方」に焦点がいきがちです。

しかし、相手の話を聞く力、相手の話、そして相手自身を理解する力。

この両面の大切さ、そしてどう言葉を切り返すかという観点。

こうした要素こそ、むしろ重要だということを、今回も痛感したようです。


何度も言っているのですが、録音や逐語という記録。

この記録によって研究・検討するしか、
会話やコミュニケーションのスキル向上法はありません。

カウンセリングのスキルももちろん同様で、
自分が実際にやってしまっていることに気づくことがスタートになります。

この関門を通過しない限り、向上は望めないでしょうね。


逆にいえば、こうした記録による検証を繰り返していけば、
やがて必ず次元の違う傾聴・共感能力を開発できます。

あなたの疑問や迷い、その答えがここにあるわけです。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。