最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/07/15 (Tue) 10:39
心理カウンセリング資格の是非

【カウンセラー資格試験の是非】

禁断のカウンセラー資格のお話です(笑)

・・・というのは冗談ですが・・


カウンセラーの資格について、質問です。

あなたは何らかのカウンセラー資格を持っていますか?

もしくは、何らかの資格を取ろうと思っていますか?


さらに質問です。

その資格のクオリティーは、信頼できる資格ですか?

資格試験の内容は、心から納得のいく試験内容でしたか?


巷には数多くのカウンセラー資格があります。

民間やボランティア機関が用意する資格から、
大学院を出ないと受験できない資格まで、幅広くあります。

カウンセラーの資格には、国家資格はありません。

国家資格化しようという動きはありますが、
その是非を巡っては、意見の分かれるところです。


養成塾でも、カウンセラー資格について、
様々な質問を受けます。

※ちなみに養成塾では、ある理由から、
資格は発行しておりません。

質問に共通しているのは「この資格の信頼度はどの程度か?」
「この資格試験の内容は実践的なのか?」といったものです。

つまり、その資格を取ることで、実際のカウンセリング面接が
ちゃんとできるようになるのか?という質問ですね。


この質問に真正面から答えるには、
押さえておきたいポイントが3つあります。


1)その資格を取るための講座で教えられた内容

資格取得のための授業や通信講座の内容です。

この授業内容、実は、多くの疑問が寄せられているのが実情です。


2)試験で求められる技量

試験に合格するために必要とされる技法や知識ですね。

知識はともかく、ここで問題になるのはその技法です。

試験で求められるカウンセリングの面接技法についてですが、
こちらも多くの疑問が寄せられています。


3)試験内容

試験の問題、特に実技試験のあり方についての疑問も
非常に多いですね。

端的にいうと、ロールプレイによる実技試験が多いと思います。

このロールプレイの設定の仕方、審査の方法、審査内容、
そして試験内容などへの疑問も多いです。


これらの疑問に答える形で資格試験のあり方を考えていくと、
とても大切なことが見えてきます。

多くのカウンセラー資格やその試験に疑問を感じる受講生の皆さん。

その疑問や問いに答えることで、
カウンセリングの核心部分が見えてくるんですね。

この核心部分がわかれば、
あなたの疑問がスッキリと解消されます。


養成塾の授業の中でも、
資格試験に関する質問は非常に多く出てきます。

「●●という資格をどう思いますか?」といったような質問ですね。

そうした疑問や問いに、
私は塾長として真正面から答えさせて頂いています。

そうすると「そういうことだったんだ!」「だから違和感があったんだ」
「何が正しいか、やっとわかりました」という声があがります。


通常、授業に参加された方にのみ、この回答をお伝えしてきました。

しかし、あまりにも多くの人たちが
疑問を感じているということがわかりましたので、本日15日(火)
19時発行のメルマガにて、その回答をお伝えします。


この回答は、あまりにも衝撃的に思う人と、
あまりにも腑に落ちると感じる人とに分かれます。

つまり、あまりにも大きな反響を生んでしまいます。

カウンセラー資格の裏側、内情についても、
今回はお伝えするつもりだからです。

そこで、今回はメルマガの読者の方、
及びメルマガに登録してくださる方にだけお伝えします。


配信は本日15日(火)19時を予定しています。

この時間を過ぎたら、読むことはできません。


なぜ、多くの人たちが
カウンセラー資格及び試験内容に違和感を覚えるのか?

資格を取れば、カウンセリングの力がつき、
カウンセラーとしてやっていけるのか?

多額の受講費用、受験費用は、無駄になることはないのか?

そして、そもそも養成塾ではなぜ、
カウンセラー資格を発行していないのか?


こうした疑問にも丸ごとお答えしたいと思います。

これは知りたい・・という方、今後の参考にしたい方は、
本日19時までに、下記よりメルマガにご登録ください。

PCでもスマホでも読むことができ、下記より無料でご登録頂けます。


>>メルマガ登録はこちら


本日15日(火)18時までに、お願いいたします。




スポンサーサイト

2014/07/09 (Wed) 11:17
傾聴に納得がいかなかったんです

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。


「納得がいかなかったんです」

先日養成塾のオープンセミナーに参加された方の言葉です。

その方は、傾聴の講座にいくつか参加経験のある方でした。

そして、ご自身もカウンセリングを受けた経験もあるとのこと。


そうした「傾聴を学ぶ」「傾聴される」という両方の経験からも
「納得のいく傾聴」に出会えなかったそうです。

カウンセリングを受けていても、
ちゃんと聞いてもらえているという実感がなかった。

傾聴を学んでも、ロープレなどをやっても、
聞けているという実感がなかった。

さらに、傾聴について教えられる内容についても、
納得がいかなかったそうです。


実は、こうした声は、この養成塾では非常によく耳にします。

そして、おっしゃる内容も、だいたい同じ観点の内容です。


つまり、傾聴されていない、傾聴できていない、傾聴がわからない。

この3点がいつも授業で話題にのぼります。


これは別の視点から換言すると、
カウンセラー、そして指導者の問題です。


傾聴する側がきちんと傾聴できない。

傾聴を教える側が、きちんと教えることができない。

そういう問題があるということがいえます。


カウンセリングを受ける際に、
自分の話をちゃんと聞いてもらえた感じがしない。

自分の伝えたいこと、わかってほしいことが、
きちんと受け止められ、わかってもらえた感じがしない。

これは非常に虚しい、
やりきれない経験なのではないでしょうか?


また、傾聴しようと訓練をしても、
いったいどうすれば傾聴できるのかがわからない。

段々、話してくれている人に申し訳ない気持ちになってくる。

さらには思うようにできない自分に対して
不甲斐ない気持ちにもなってくる。

いったいどうすればいいのか?と、
悶々としてくるのではないでしょうか?


更には、傾聴を学ぼうと講座に行っても、
実際とはかけ離れたことを教えられる。

専門知識がなくても「何か違う・・」という違和感をぬぐえない。


あなたも、こうした経験はないでしょうか?


では、いったいどうすれば「納得のいく傾聴」を
実践できるようになるのでしょうか?

カウンセリングに携わる人たちの間では、
今、このようなニーズが発生しているといえます。


1)傾聴されたという実感をもつ経験をしたい

2)傾聴できたという実感をもつ経験をしたい

3)傾聴とは何かを、具体的な事例などを通して知りたい(納得したい)


この3点を体験し、学び、自分のものにすること。

これで、傾聴に感じていた疑問や問題は解消します。


要は、聞いた話をどう聞き、どう理解するか?

それを個々の具体例に沿って検討していく以外に方法はありません。

だから昔の臨床家は面接を録音し、逐語を作り、
何度も何度も面接を研究しました。


今現在は、録音や逐語を活用する所は減ってしまいました。

また、そうした記録に対し、確かな検討ができる所も同様です。


5分~10分程度の会話を、1~2時間かけて解析する。

こうした徹底した学習体制が、
今後ますます必要になるような気がします。

追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










2014/07/07 (Mon) 12:36
カウンセリングの終わり方は?

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「カウンセリングはいつ終わるのか?」


今日はカウンセリングの「終結」を考えてみましょう。

カウンセリングを受けようと考えている人。

あるいは、カウンセリングに通っている人。

こうした人たちの素朴な疑問だと思います。

また、カウンセラーの方でも、「いつ終わればいいのか?」について、
迷ったり疑問に思っている方もいるかもしれません。


この「いつ終わるのか」というのは、
言い換えると「いつ、どのように終わればいいのか?」となります。

つまり、終わるタイミングと終わり方ですね。

そこが肝心なところです。


カウンセラーとしては、このタイミングと終わり方について、
自分なりのカウンセリング観を持った方が良いでしょう。

いつ終わるべきか?どのように終わるのか?

ここが自分の中で曖昧だと、ダラダラと面接が続いてしまいます。

それは中継点や山頂のない登山のようなものです。

終わりや節目のない登山ですから、ただ疲れるだけ。

最悪の場合、終結や到達ではなく、脱落という終わり方になってしまいます。

脱落という終わり方は、クライエントにとっても、
カウンセラーにとっても、とても残念なことです。

ですから「いつ、どのように終わるものか」というカウンセリング観を
ぜひ、しっかりと持って頂きたいと思います。


では、カウンセリングの面接は、いつ、どのように終わるべきなのでしょうか?

そもそも、相談内容自体が相談者によって全く違います。

そう考えると、その相談内容・テーマによっても違ってくるし、
面接の流れによっても違ってくるといえるでしょう。

個々のケースによって違う側面が大きいので、
具体的に「このタイミングで、こう終わる」と言い切れない部分があります。

具体的に指摘するには、個々のケースにふれ、
それこそ具体的に見ていけば指摘できます。

しかし、ここではそうもいかないので、
カウンセリングの終結に関する基本をお伝えしたいと思います。

私はこの基本に基づいてカウンセリングの終わるタイミングと
その終わり方について捉えています。

ここからは長くなりますので、「カウンセリングの終結の基本」について、
続きをメルマガでお伝えします。

メルマガは、7月7日(月)15時より配信予定です。

ご興味のある方は、PCでもスマホでも気軽に読むことができ、
下記より無料でご登録頂けます。


>>登録ページ


カウンセリングの実践や学習に自信をもち、不安や迷い、
そして疑問を解消するのにお役立てください。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










2014/07/01 (Tue) 20:26
カウンセリング学習の王道は?

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



【逐語記録という王道】


養成塾では、時折り塾生さんの逐語をチェックします。

自主的に逐語を持って来られるわけです。

実際のカウンセリング面接の逐語や、
ロールプレイを実施した際の逐語ですね。


私はカウンセリングの力、即ち傾聴や共感の能力を磨くには
この逐語などの記録を検討する以外に方法はないと断言しています。

いつもは断言することの少ない私ですが(笑)
この結論だけは譲れないところです。

なぜなら、人間の記憶というのは、とても曖昧だからです。


ロールプレイを例にとってみます。


ロールプレイ開始後、3分30秒あたりのやり取り。

ここには重大な問題が見て取れる。

ここはAではなくBと対応すべきだった。

理由は○○だからだ。


いかがでしょうか?

このようなプロセスを、人間の記憶では正確にさかのぼることができません。

しかし、録音記録を聴き返せば、
その一言半句に至るまで検討が可能になります。


逐語を起こした人たちの最初の感想。

その感想はほぼ、みな同じようなものになります。

どんな感想になるかというと「聴いていられない」というもの(笑)


つまり、自分の応答があまりにひどく(不適切で)、
その録音記録を聴いていられないということです。

この感想からもわかるように、自分では
「まあまあのロールプレイだった」という認識だったのでしょう。

しかし、実際に聴き返してみると、自分の認識と
実際の記録(言ったこと)のギャップに、ほとんどの人が驚くわけです。

そのくらい人間の記憶には限界があり、
記録を頼りにしなければ正確な検討はできないのです。


「逐語起こし」という作業は、初めは自分の未熟さを
嫌というほど突きつけられるようなものなのです。

しかし、ここを通らないと、次のステップにはいけません。

逆にいうと、ここさえ通れば、先が拓けてくるのです。


塾生の中で何人かが、逐語の検討を希望します。

その作業を続けている塾生は、確実に聞く力を高めています。

本人は「まだまだだ・・」という思いしかありません。

といいますか、逐語検討作業を続けていると、
「まだまだだ」としか思えなくなるんです。

しかし、本人は「まだまだ」という感覚でも、
私から見れば、以前より確かなステップアップを始めています。


私も、その人の逐語記録を少しみれば、
その人の聞き方や理解の仕方の傾向・クセがわかります。

「この時、こういう心境になってない?」

「ここは、もしかしたらこう聞いてしまっていない?」


こういう指摘をすると、ほぼ当たってしまいます。


逐語お越しは大変面倒です。

そのため、本気になってやる人はとても少ないのが現状です。

しかし、上達に近道はありません。

地道な努力の先にしか、確かな向上はないようです。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック










| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。