最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/03/21 (Fri) 10:44
困っている人ほど助かる養成塾

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。




「困っている人ほど、助かるはず」



私が「養成塾」を立ち上げようと思った動機に一つでした。


現場で真剣にやればやるほど、必ず困る。

しかし、その困った問題に明確に応えてくれる場がない。

だから、明確に応えてくれる場に出会えれば、必ず「ここだ!」となるはず。

そして、それはカウンセラーも助かるし、クライエントも助かることになる。


私はそう思い立ち、この養成塾をスタートさせました。

今日はちょっと思い切ったことを書きます。


ここ3~5年で、カウンセラーや
セラピストの信用はガタガタと崩れていくでしょう。

それは、しっかりと訓練を受けていない人間がカウンセリングをする。

そういう例がものすごく増えてしまったからです。


それは、残念ながら大学で専門的に学んだ人も同様です。

全てとはもちろんいいませんが、かなり多くの割合に上るでしょう。


スクールカウンセリングもそうですが、保護者や先生たちから
今、ドンドン信用を失っています。

それはしっかりと訓練を積み、
臨床の力を持たずして現場に行ってしまったからです。

そしてそれは、今に始まったことではなく、
ずっと昔から言われていたことです。


私自身、自分で言うのもなんですが、現場では本当に苦労してきました。

子どもたちは容赦がありませんからね。

特に問題を抱えた子どもは、こちらが本物かどうかを必ず試します。

例えば、相談室の資料をバラまいたり、
こちらが一番傷つくような言葉を投げてきたり・・・

そうした試しに答え、合格点をもらわなければ、仕事をさせてもらえないのです。

カウンセラーというのは本来、そういう厳しい現場でやらなければなりません。


産業カウンセラーや、キャリアカウンセラーの方々も、
メンタルの相談対応にずいぶんと苦慮されているようです。

心理面接は、キャリア相談とは違う。

だから、その微妙な対応がよくわからない。


そういう相談も私の所によく来ますね。


ですから訓練は必須です。

ただ、どういう訓練をどのように積めばいいのか?

そこが肝心なところになるわけです。


私は師匠から叩き込まれた臨床のあり方、実践の仕方を、
自分なりに伝えていくことが、そうした問題解決の一助になると思いました。


はじめは「自分なんかがやっていいのだろうか?」とも思いました。

しかし、自分では当たり前のことでも、受講生に伝えると驚かれました。

目からウロコ・・みたいな表情をする受講生を見て、
これはやはり伝えていかなければと確信するようになりました。

特に現場で真剣に悩みながら仕事している人ほど、
こちらが伝えることが深く入っていくのを感じました。


このままではカウンセラーの社会的信用は崩れていくでしょう。

あちこちからそんなことを裏付ける話が、私の所に入ってきています。

他の人がどうやろうと、それは関係ないことですが、
私自身は自分の信じることを伝えていくだけです。


こういう記事を書くと、「鈴木は怖い人ではないか?」と思われるようです(笑)

まあ、怖くはないですけど、妥協はしませんね。

伝えるべきことは、多少言葉は選びますが、そのままお伝えしています。


現場で切実に悩んでいる方、カウンセラーとしての方向性を
真剣に考えている方には、喜んで頂けるのではと思っています。

そして、そうした受講生の後ろには、その方のクライエントがいます。

そのクライエントのためにも、私はいい加減なことは伝えられません。

常にそのクライエントを意識しながら、受講生には
必要なこと、求められることをお伝えしています。


「もっと早くくればよかったです」


初めて来て下さった方は、よくそう仰ってくださいます。

まあ、慌てす、じっくり考えてくればいいと思います。


私の養成塾でのスタンスは
「来るものは拒まず、去る者は追わず」です。

来るも来ないも、辞めるも復活するも、
それは全て受講生自身に委ねています。

私からはそういう働きかけは一切しません。


ですから、毎回熱心に通う方もいれば、
フラリと1年ぶりに参加する方もいて、面白いです。

受講生の主体性があってこそ、学びになります。

そしてそれは、カウンセリング面接でも全く同じことですね。

クライエントの主体性に委ねるという意味では、同じことです。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2014/03/03 (Mon) 11:59
カウンセリングを学ぶ理由

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「なぜ、カウンセリングを学びたくなるのか?」


カウンセリングを学びたい、資格を取りたいという人の中には、
カウンセラーになるために学ぶわけではないという人もいます。

そんな人たちに「なぜ学ぼうと思ったのか」を聞いてみました。

すると、このような答えが返ってきました。


「自分が今、ぶつかっている問題の解決に活用したかったからです」

「コミュニケーションのスキルを学びたかったからです」

「自分が成長していく上で、いろいろ学びがあると感じたからです」


返ってきた答えは、人によってそれぞれでした。

しかし、更にお話を聞いていくと、どの人にも共通するニーズがありました。

カウンセリングを自分に役立てたいと思った人たちに共通するニーズです。


では、その共通するニーズとはなんでしょうか?


養成塾の授業でカウンセリングを学んだ方は、次のような感想をお話くださいます。


「学びの深さが違うな・・と思いました」


そうなんですね、キーワードは「深さ」なんです。

つまり、カウンセリングを真剣に学びたいと思う人たちには、
深い学びを得たいというニーズがあったんです。


では、「深さ」とは、どういうことか?


人生を生きていくと、人によって様々な困難にぶつかります。

場合によっては、実に理不尽な目に遭うこともあります。


自分には非がないのに、嫌な思いをさせられた。

自分の力ではどうしようもない事態に途方に暮れた。


それは例えば、誰かからの嫉妬による意地悪だったり、
大切な人の死であったりします。

あるいは、自分のうっかりミスで大きな迷惑をかけてしまったとか、
自分の家族の問題に心を痛めるといったことかもしれません。

仕事の悩み、人間関係の悩み、生きていく上での問題・・・


人生を生きていくということは、そうした問題にぶつかることかもしれません。

ある意味、避けては通れない難題に、いかに直面し、克服していくのか?

そこに唯一絶対の答えなんてありません。あったら楽なんですけどね・・・・


答えは直面した本人が自分で試行錯誤し、自分で見つけ、乗り越えていくしかありません。

その時に支えになる物事の捉え方、対処の仕方、そして乗り越える力。

そうしたものを身につける上で、カウンセリングの学習が、その一助になるようです。


なぜかというと、カウンセリングというセラピー自体が、
そうした様々な困難を多くの人たちが乗り越えるための場であったからです。

カウンセリングの記録を振り返るということは、
そうしたたくさんの人たちの困難克服の記録の集積にふれるということです。

つまり、多くの人たちが真剣に生きた、その人生の記録が凝縮されているわけです。


だからこそ、多くの学びと深い学びとを得られるのがカウンセリングの学習です。

それは、心理の法則性や理論を知識としてだけ学ぶ場合には、
おそらく得られない貴重な経験の数々だと思います。


カウンセリングを学びたいという人たちは、
本能的にそうした貴重な学びを欲しているのかもしれません。

カウンセリングで学べることは、様々な困難とどう向き合い、
どうやって自分なりの答えを見つけ、克服していけるのかということ。

まさにそうした学びの宝庫であるといえるのではないでしょうか?


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。