最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/02/26 (Wed) 10:30
面接で伝わってしまうもの

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。


「伝えると伝わる」


カウンセリングの中で、カウンセラーが何かを伝える。

それは言葉であったり、態度であったり・・・・


基本的にカウンセラーはクライエントの話を聞くことに専念します。

クライエントの話を聞いて、その訴えの真意を理解します。

ですから、カウンセラーから何かを伝える場面はあまりありません。


しかし、例外的にカウンセラーから話をする場面もあります。

それは、カウンセリングの流れを立て直すときであったり、
カウンセラーが感じたことを伝える必要があると思ったときです。


率直に何かを伝える。

それによって、クライエントの心の中に建設的な変化が起きる。

あるいは、カウンセリングが一歩進展する。

そう判断されるときには、例外的にカウンセラーが動きを見せます。


そう、これは伝えるという話です。

今回の主たる話は、そうではなく「伝わる」という話です。


カウンセラーが意図する、しないとに関わりなく、伝わってしまうもの。

実は、こうした要素のほうがカウンセリングには影響を与えるものです。


そのカウンセラーがもっている人間性ですね。

あるいはそのカウンセリングに臨む姿勢、心のあり方ですね。


難しいのは、こうしたものは意図せずとも伝わってしまうということです。

しかし、カウンセリングの成否を決定づける要素は、実は、こういうところにあったりします。


カウンセラーから醸し出されるもの、にじみ出るもの。

こうした要素が成否に大きく影響しているわけです。

何よりも、クライエントは、こうした要素を感じとります。

それも半ば無意識に感じていることが多いでしょう。


「このカウンセラーは、何か違う・・・・」


これが信頼できるという感じになるのか。

それとも、違和感という感じになるのか。

これによって信頼感が生まれるか、生まれないかが決まります。


クライエントはカウンセラーの一つ一つの言動だけでなく、
カウンセラーが意図せずに伝わってくるものを感じ取ります。

そうした要素はカウンセラーが普段どんな姿勢でカウンセリングをしてきたか。

そうした「積み重ね」によって決まってきます。

つまり、積み重ねたものはうそをつかないといえますし、
積み重なったものはごまかせないということですね。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











スポンサーサイト

2014/02/20 (Thu) 10:09
録音記録による再生学習

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「もう一度、スローで見てみましょう」


今、オリンピックが放映されていますが、
スポーツ競技の中継ではスロー再生が活用されますね。

目的は、その競技者の動きを解説・検討するためです。


成功した場合は、どこが良かったのか。

失敗した場合には、どこが悪かったのか?

予想だにしないアクシデントの場合は、一体なにが起きたのか?


スロー画像を見る側は、そのような観点で見るはずですね。

カウンセリングの学習でも、同じようなことが可能です。

それがまさに、会話の録音記録の再生です。


養成塾の授業では、ロールプレイを録音します。

そしてそのやり取りを再生することで、一言半句に至る検討を行います。


この言葉の選び方は、どこが良かったのか?

どうして会話が深まっていかず、堂々巡りになってしまったのか?

どの部分から話の流れが変わってしまったのか?


こうした検討をするには、再生記録を用いるのが最も効果的です。

すると、どの一言で流れが変わったのかまで、手に取るようにわかります。


そうした検討を積み重ねていくと、どういうことが起きると思いますか?


カウンセラーの応答が、研ぎ澄まされ、カウンセリングの成功率が上がるのです。

カウンセラーが瞬間瞬間の自分の反応をコントロールできるようになるからです。

その一言一言を厳選し、クライエントに響く応答としてアウトプットできるからです。


それはまさに「反射神経」が問われる世界。

その反射神経を研ぎ澄ますトレーニングには、記録の検証が必要なんです。


「もう一度、スローで見てみましょう」


カウンセリングの厳密なトレーニングには、まさに記録が武器となるのです。

それも「もう一度」といわず、何度でも・・・・・


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/14 (Fri) 09:22
傾聴の深さを学ぶ

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「傾聴の深さに驚きました」


昨日は第40回のオープンセミナーを実施しました。

定員8名のところ、一人オーバーの9名での開催。

寒い中でしたが、お集まりいただきました。


冒頭の言葉は、初参加の女性が思わず漏らした感想です。

カウンセリングの勉強は特にしていない方ですが、授業を受けて感じたようでした。


実は、養成塾の授業を受けて一番多く聞かれる感想が、この「深さ」についてなのです。


昨日行ったのは「傾聴トレーニング」です。

授業のやり方は、ロールプレイを実施して、その録音を振り返るというもの。

クライエントの話す内容、その一言一言について、厳密に検討していきます。


そこで見えてくるものは、人間はたった一言にしっかりと反応が起きるということ。

あるいは、その一言にその人の思いが込められているということ。

つまり、一言たりとも疎かにはできないということです。


ところが、実際問題として、その一言が聞けないわけです。

話した内容を再生して聞いてみる。

すると、クライエントはちゃんとある事柄を訴えている。


それを聞く側がしっかりと聞けていないわけです。

ここで、こういう風に言っているけども、聞き手は違う取り方をしている。

あるいは、違うことを連想して、その言葉が入っていない。


同じ話を皆聞いているわけですが、聞けている人と聞けていない人に分かれます。

こうした厳密なチェックは録音などの記録によって、初めて検証が可能になります。


昨日はロールプレイを2回実施しました。

2回とも聞く側にとっては、なかなか苦労する展開ではありました。

しかし、実際のカウンセリングでは、普通に見られる展開です。

しっかりと聞くことができれば、これまたしっかりと対応できるものでした。


2回のロープレで共通して見てとれたテーマは、心が伴っているかどうかということでした。

応答に心が伴っているか?それとも機械的に言葉を返しているように聞こえるか?

今回は、どうしたら心のこもった応答になるかについても、細かく解説させて頂きました。


同じ話を聞いていても、その理解度に違いが出てくるということ。

同じ話を聞いているのに、ある人は1つのことしかわからない。

でもある人は5つのことまで理解ができる。

どちらが深く理解できているかは、自ずと答えが出るところです。


もちろんこれは、聞く側の独りよがりではなりません。

あくまでも、クライエントの言いたかったこと「そのもの」でなければ意味がありません。

聞く力があれば、クライエントから絶大な信頼を得、さらにはその心を揺り動かすこともできます。

養成塾では、そうした「聞き方」に徹底的にこだわった授業をしています。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/06 (Thu) 12:17
沈黙を怖れすカウンセラー、活かすカウンセラー

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「沈黙を怖れない」


経験の浅いカウンセラーが最初に直面する課題があります。

それは「沈黙への対応」です。

ロジャーズはカウンセリングでの沈黙の場面はとても大切だと説いています。

なぜなら、沈黙の後に、クライエントから発せられる内容。

その内容は、洞察が深められたものであるいことが多いからです。

そして沈黙を活かしたカウンセリングは、やはり深まり方が違います。


ところが、経験の浅いカウンセラーは沈黙を怖れます。

また、沈黙の意味と対応について学ぶ機会のなかったカウンセラーも同様です。

彼らは沈黙に戸惑い、困惑し、つい不用意な言葉でその間を埋めようとしたくなります。

そして沈黙に狼狽するこちらの姿に、クライエントから「無能」と見られることへの怖れもあります。


沈黙は怖れるものではなく、生かすものです。


沈黙の意味、種類を見極め、どう対処すればいいのかを的確に判断することが大切です。

そして様々な沈黙に適切に対応できれば、クライエントの洞察を深めます。

また、沈黙に動じず、落ち着いているカウンセラーの態度に、クライエントは安心と信頼を覚えます。


こうした観点からカウンセリングでの沈黙というのは、非常に重要な場面であるといえますね。

沈黙を怖れず、存分に生かすカウンセリングをぜひ実践できるようになってください。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/04 (Tue) 18:16
カウンセリングと言葉

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。




「力量は言葉の選び方に現われる」



カウンセリングでは、言葉が命です。

特にカウンセラーが使う言葉は生命線です。



カウンセラーがどんな言葉を選ぶのか。

どんな表現を選択して伝えるのか。


ここにカウンセラーの力量が現われます。


"生きた表現"は面接を深めます。

"無機質な表現"や"深みのない言葉"は面接を"表面的なもの"にします。


カウンセラーのたった一言が、カウンセリングの流れを決めてしまいます。


確かな流れにつながる生きた応答をするためには、クライエントの言葉への深い理解が必要です。

クライエントの言葉をしっかり聞けるからこそ、そこに深い理解が生じます。


つまり、どうやったら深く理解ができるのか?

どのような言葉を選択すれば"生きた応答"になるのか?


やぱりここを徹底して磨くことで深い面接が出来るようになります。


だからこそ、クライエントに変化が生まれます。


「何を言えば良いかがわからないから、とりあえず何か言葉を発する。」


こういうレベルでは面接は深まらず、表面的なところを堂々巡りします。

雑談や世間話、愚痴など、同じ話に終始する面接がそれです。

カウンセラーの確かな一言が堂々巡りからクライエントの深い自己洞察を導きだします。


ということは、カウンセラーの発する言葉には、一言一言に根拠がなければなりません。


「あの一球の根拠はなんだ?」


かつてヤクルトの監督時代、野村監督は古田捕手にそう問いました。

古田捕手がピッチャーに要求した配球についてです。


野村氏のこの問いに対して、古田捕手は、全て完璧に答えられたといいます。


カウンセリングも同じです。


カウンセラーのこの応答の根拠はなにか?

なぜこの言葉をカウンセラーは、この場面で選択したのか?


この問いにカウンセラーが答えられるようになれば、自ずと深い面接が生まれるといえるでしょう。




追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/03 (Mon) 10:06
カウンセラーに必要な2つのあり方

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「母性と父性が必要です」


カウンセラーには母性と父性、その両方が必要です。

場面によってそのどちらかを適宜発揮することが求められるからです。

では、母性と父性、この両者はどう違うのでしょうか?


母性というのは、主に受容、そしてそこにいることです。

傾聴や共感的理解に専念する姿勢が主に母性。

そして暖かさ、柔らかさ、受け止める大きさですね。


父性というのは、主に指し示し、そして導くことを指します。

傾聴や共感的理解に加えて、世の道理、原理原則を説いていきます。

摂理(自然の法則性)を説くといってもいいかもしれません。


近年この父性的な役割・接し方のニーズが増えているように思います。

それは子育てにおいても、企業内のOJTにおいても、教育の現場においてもです。


父性というのは「背中を見せる」一貫した生き方が求められます。

その生き方の迫力に欠けるためか、見せる背中を持ち合わせていない。

そのために父性的な役割が取れない大人が増えているのかもしれません。


繰り返しますが、カウンセラーには母性と父性、その両方が求められます。

信頼され、成長につながるカウンセリングを目指すなら、この両方を獲得することです。

つまり、カウンセリングでは、カウンセラーが「見えないリーダーシップ」を発揮できる必要があるわけです。

こうしたリーダーシップを発揮できれば、カウンセリングは様々な成果を生み出せます。


追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











2014/02/02 (Sun) 10:42
自信がなくても大丈夫

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」が、今すぐお試し頂けます。
>>無料版を試してみる




塾長の鈴木です。



「自信など持ちようがない」


セラピストとして、カウンセラーとして、どうしたら自信が持てるか?

そういう質問を受けることがあります。

そんな質問に対して、私は自信など持ちようがないと答えています。


毎回カウンセリングを終えると「これで良かったのか?」と思うことはあっても、「よし、しっかりとできた」と思うことはありません。

カウンセリング自体4000回近く行ってきました。

その経験の中で、「よし、しっかりとできた」と思ったことは、これまで一度もありません。


私はクライエントの方の許可を頂いた上で、面接を録音させて頂いています。

そして面接が終わり、クライエントを送り出してすぐに、その録音を聴き返します。

聴き返すと、だいたい要検討箇所が発見できます。


「ここはもう少し慎重に動いた方が良かったかもしれない」

「別の対応をしたら、果たしてどんな展開になっただろうか」


こんな地味な作業を毎回続けて10年になろうとしています(笑)


しかし、こうした経験値から一種の方向性みたいな感覚が醸成されていきます。

その感覚に再現性を持たせられれば、確かなレベルアップが可能になります。


つまり自分がやろうとしていることと、実際にやっていることのズレをなくすこと。

そしてそれを毎回正確に、同じように再現できること。

こうしてスキル化していくことでカウンセリングのレベルアップが可能になります。


このプロセスを経験していく中では、自信などということは、あまり考えないものです。

感覚としては、必要なこと(録音記録の検討など)をひたすら続けるだけだ・・というものです。


自信がないとか、自信さえあればとか、そういうことを考える暇があったら、必要なことをする。

レベルアップに必要なことを、レベルアップに必要なだけ行う。

そこにいかに集中できるかが成否のわかれ目となりますね。



追伸:

●カウンセリングQ&A「90秒無料版」をお試しください。
>>無料版を試してみる


養成塾では、養成講座の体験版である「体験講座」を開催しています。

開催スケジュールと詳細については下記をご覧ください。

>>詳細はこちら




「養成塾」のメルマガ配信中!
「傾聴」「共感的理解」を徹底追及しています。

>>登録はここをクリック


「養成講座」の資料は
>>ここをクリック











| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。